バッバのドライバー
どこがスクェア!?

画像1: バッバのドライバー どこがスクェア!?

続けてご紹介するのは、飛ばし屋3人衆、バッバとダスティンとケプカ
300㍎ヒッターたちです。彼らのセッティングを見てみましょう。まずはバッバから。

画像2: バッバのドライバー どこがスクェア!?

ドライバーは新しいGドライバーのピンクバージョンにスイッチしましたね( ..)φメモメモ

画像3: バッバのドライバー どこがスクェア!?

この写真右下の“カオ”を撮ったカットを見てください☝フェースがかなり開いていますよね。
おそらくこれでシャフトは真っ直ぐ。バッバはこのフェースオープンの状態で構えて
ビッグスライスで飛ばしているそうです。いったいどこがスクェアかわかりづらいので、
とっても撮影しづらい。まさにカメラマン泣かせのクラブですね(~_~;)

画像4: バッバのドライバー どこがスクェア!?

S55アイアンは以前と変わらず。グースがきいていますね。

画像5: バッバのドライバー どこがスクェア!?

60度のウェッジはグライドのTS(シン・ソール)。52度と56度はSS(スタンダード・ソール)を使っていますが、60度は細めのソールがいいんですね。なんかカットに入れるバッバは、
ワイドソール(WS)のほうが合ってそうなイメージがありますがね…( 一一)

画像6: バッバのドライバー どこがスクェア!?

続けて、ダスティン・ジョンソンのクラブセッティングです。
今年に入ってから、しばらくはM1ドライバーを使っていたダスティン。
WGCキャデラック選手権で、ようやくM2にスイッチしていました。

画像7: バッバのドライバー どこがスクェア!?

練習場では、M1のときのエースシャフトのフジクラのエボの黒(TS)を差すか、
クロカゲを差すかで迷っていましたね。結局今はTSでいっているようですが、
シャフトはまだ替わる可能性ありそうですね(-。-)y-゜゜゜

スプーンもM2に替わっていました。アイアンはPSiツアー。

画像8: バッバのドライバー どこがスクェア!?

ウェッジは、ツアープリファードEF。

画像9: バッバのドライバー どこがスクェア!?

KBSのウェッジ専用シャフトを差していますね。

パターはキャメロンのピン型のプロトタイプ

画像10: バッバのドライバー どこがスクェア!?

世界のトップ選手の多くは、キャメロンのピン型を使っていますよね。
やっぱりいきつくところはココなのかな~(>_<)

マスターズ出場者の超!最新クラブ3/3へ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.