【毎週金曜更新】アマチュアゴルファーのお悩み解決レッスン。
プロゴルファー木村友栄の「わかりました!」

木村 友栄(きむら ともはる)
通称:キムトモ。1976年生まれ。日大ゴルフ部出身。日本学生選手権優勝。現在は、ツアーに挑戦しながらニュー南総GCでレッスン活動も行っています!

今回は齊藤祥一さんにお悩みを聞きました。

画像1: 【毎週金曜更新】アマチュアゴルファーのお悩み解決レッスン。 プロゴルファー木村友栄の「わかりました!」

齊藤さんは、ドライバーの球が上がらないということ。

画像2: 【毎週金曜更新】アマチュアゴルファーのお悩み解決レッスン。 プロゴルファー木村友栄の「わかりました!」

早速、キムトモのレッスン開始!POINT3つを紹介します。
これで解決方法が「わかりました!」

POINT1 
ボールの位置は左足かかと延長線上

画像: POINT1 ボールの位置は左足かかと延長線上

齊藤さんはボールの位置が真ん中寄りにセットしてハンドファーストが強い構えになっていました。
ハンドファーストが強いとボールを上からとらえることになり、ドライバーではボールが上がりにくくなってしまいます。キムトモはのスティックを置いてボールを正しい位置にセットしました。左足のかかとの延長線上にセットするのがドライバーのボールの位置の基本です。

ボールの位置は14本のクラブの中で1番長いドライバーが一番左にあり、一番短いサンドウェッジはスタンスの真ん中に寄っていきます。その理由は長いクラブではフェースが返りにくいので真ん中寄りにボールがあるとフェースがターゲットにスクェアに戻る前に当たってしまいます。スライスや高さが出ない原因になりますね。

逆にSWやショートアイアンなど短いクラブでボールを左に置いてしまうとフェースがスクェアを通り越し左にかぶった状態で当たることになり左への引っかけの原因になります。それをスウィングで調整しようとして悪いクセがついてしまいますのでボールの位置をチェックするのは大切なことです。

POINT2 
トップでは左手の甲と腕を一直線上に

画像: POINT2 トップでは左手の甲と腕を一直線上に

齊藤さんは少しオーバースウィングでダウンスウィングの軌道が安定していませんでした。キムトモは「左手の甲の向き」に注目しました。トップでの左手の甲の向きが甲側に折れてしまい結果的にオーバースウィングになりフェースが開き過ぎていました。オーバースウィングでフェースが開くとインパクトでスクェアに戻すのが難しくなりますし、無理やり真っすぐに飛ばそうとして体の動きが悪くなりバランスの悪いフィニッシュにつながってしまっていました。

左手の甲と左腕が一直線になるように直すことで、左手の親指の上にシャフトが乗りオーバースウィングを抑えることができますし、フェースの向きも開かずに毎回同じ角度で安定したトップを作れるようになりますね。

POINT3
フィニッシュはバランスよくしっかり立つ

画像: POINT3 フィニッシュはバランスよくしっかり立つ

ボールの位置、トップでの左手首の角度次にフィニッシュの形に注目しました。フィニッシュでバランスを崩していたので、インパクトばかりに意識が集中して力んでいました。左足に重心を移して”フィニッシュでバランスよく立つ”ように意識するとクラブの軌道が安定しミート率が上がります。

インパクトに意識がありすぎるとダウンブローに当たりやすくドライバーでは低くでて高さが出なくなったり、フェースの上部にあたるとテンプラも出てしまいますね。バランスのよいフィニッシュに向けて振り抜くことでインパクトゾーンはレベルな軌道に近づき、ミート率も格段に上がります。力んでいないので飛ばないのではないかと不安になると思いますが、結果的に体の回転スピードが上がりヘッドスピードも速くなる傾向にあります。

特にドライバーショットの場合は効果バツグンなので是非、試していただきたいですね!

キムトモの悩み解決レッスンでこ~んなに改善されたのですが・・・どれだけ直ったかは動画で確認してくださいね!

画像: ⑰ドライバーで球が上がらない人は3ポイントで解決「キムトモのわかりました!」 youtu.be

⑰ドライバーで球が上がらない人は3ポイントで解決「キムトモのわかりました!」

youtu.be

キムトモに教えてもらいたいアマチュアゴルファー大募集!

画像: キムトモに教えてもらいたいアマチュアゴルファー大募集!

キムトモこと木村友栄プロに実際に教えてもらいたいアマチュアゴルファー大募集!

例:アイアンでボールがつかまらない。ドローを打つにはどうしたらいいの?などなど…。お名前 年齢 ハンディキャップ ゴルフのお悩みを明記の上、上記メールアドレスに送って下さい!※撮影は千葉県で行います。ご応募お待ちしていまーす!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.