【毎週金曜更新】アマチュアゴルファーのお悩み解決レッスン!
プロゴルファー木村友栄の「わかりました!」

木村 友栄(きむら ともはる)
通称:キムトモ。1976年生まれ。日大ゴルフ部出身。日本学生選手権優勝。現在は、ツアーに挑戦しながらニュー南総GCでレッスン活動も行っています!

今回は平塚真吾さんにお悩みを聞きました。

画像1: 【毎週金曜更新】アマチュアゴルファーのお悩み解決レッスン! プロゴルファー木村友栄の「わかりました!」

平塚さんは、7番アイアンでグリーンに乗せたいとのこと。

画像2: 【毎週金曜更新】アマチュアゴルファーのお悩み解決レッスン! プロゴルファー木村友栄の「わかりました!」

早速、キムトモのレッスン開始!POINT3つを紹介します。
これで解決方法が「わかりました!」

POINT1 
胸を開いて張りのあるアドレスをする

画像1: POINT1 胸を開いて張りのあるアドレスをする

画像2: POINT1 胸を開いて張りのあるアドレスをする

平塚さんはテニスを本格的にやっていたこともありヘッドスピードや体の回転は素晴らしいですね。それを活かすためにアドレスの姿勢を正しました。背中が少し丸まって手元が高くなっていました。胸を開くように背中に”張り”を持たせて手元を少し下げました。クラブのライ角通りに構えられるようになりましたね。

クラブがデザインされたライ角通りに構えることでミート率のアップや入射角の安定に役立ちます。

POINT2 
バックスウィングでコックを使おう

画像: POINT2 バックスウィングでコックを使おう

平塚さんの球のばらつきの原因は入射角が一定ではありませんでした。バックスウィングでコックをすることでハンドファーストのインパクトを実現しやすくなりダウンブローの入射角を確保できます。また、ヘッドスピードも効率よく上げられます。ひとつの目安はバックスウィングで左腕と地面が平行になった位置でクラブを立てましょう。

クラブを立てる方向は、左手の親指にクラブが乗るようにすると再現性が高くなりクラブヘッドの重さも感じられてインパクトに向けてヘッドを加速しやすくなります。

POINT3
インパクトは小文字の「y」の形で

画像: POINT3 インパクトは小文字の「y」の形で

「インパクトで小文字のy」の形というのはややハンドファーストに当たるインパクトの形です。平塚さんは「大文字のY」の形でインパクトを迎えていました。インパクト時に左腕とクラブが一直線になり右手がやや右側から入る形になるようにイメージしましょう。鏡や窓ガラスに映して確認してみてください。ミート率が悪い、飛距離や方向性にばらつきがある方は是非、確認してみてください。

この「小文字のy」を意識することでフェースの向きも一定になりますし、ダウンブローに打つことでスピン量の確保やライの影響も少なくなります。

キムトモの悩み解決レッスンでこ~んなに改善されたのですが・・・どれだけ直ったかは動画で確認してくださいね!

画像: ⑭7番アイアンでグリーンにのせたい「キムトモのわかりました!」 youtu.be

⑭7番アイアンでグリーンにのせたい「キムトモのわかりました!」

youtu.be

キムトモに教えてもらいたいアマチュアゴルファー大募集!

画像: キムトモに教えてもらいたいアマチュアゴルファー大募集!

キムトモこと木村友栄プロに実際に教えてもらいたいアマチュアゴルファー大募集!

例:アイアンでボールがつかまらない。ドローを打つにはどうしたらいいの?などなど…。お名前 年齢 ハンディキャップ ゴルフのお悩みを明記の上、上のメールアドレスに送って下さい!※撮影は千葉県で行います。ご応募お待ちしていまーす!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.