【毎週金曜更新】アマチュアゴルファーのお悩み解決レッスン。
プロゴルファー木村友栄の「わかりました!」

木村 友栄(きむら ともはる)
通称:キムトモ。1976年生まれ。日大ゴルフ部出身。日本学生選手権優勝。現在は、ツアーに挑戦しながらニュー南総GCでレッスン活動も行っています!

今回は鈴木信也さんにお悩みを聞きました。

画像: 【毎週金曜更新】アマチュアゴルファーのお悩み解決レッスン。 プロゴルファー木村友栄の「わかりました!」

さて、鈴木さんはドライバーがスライスで距離が出ないとお悩みの様子。早速、キムトモのレッスン開始!弱いスライスからしっかりつかまった強いインパクトを叶えるPOINT3つを紹介します。
これで解決方法が「わかりました!」

POINT1 
ボールに近づいて立つ

画像: POINT1 ボールに近づいて立つ

鈴木さんは、ボールから遠くに立ちすぎて前傾が深くなり手元の下がったハンドダウンのアドレスになっています。この形だとインパクトで同じ角度に戻すのが難しくプレーンもミート率も安定しません。思いきってボール3つ分くらい近くに立って、前傾も起こして手元を体に近づけましょう。

ドライバーで力むとどうしても構えが低くなりがちです。インパクトで起き上がったり、手元が浮いてスライスの原因になります。

POINT2 
ターゲットにスクェアに構えよう

画像: POINT2 ターゲットにスクェアに構えよう

鈴木さんは右に向いて構えてしまうクセがあるようです。ターゲットに対して右を向いているので、実際に振るとアウトサイドインのカット軌道になってしまいます。正しくスクェアに構えると左に向いているような違和感があると思いますが、この際しっかりと直しましょう。

ターゲットとボールを結んだ後方線上に立って一本のラインをイメージしましょう。ボールの30センチ先くらいにスパッとを決めるのもいい対処法です。イメージしたラインと肩、腰、スタンスのラインを平行に構えるように練習しましょう。

POINT3 
トップで顔の向きをキープしよう

画像: POINT3 トップで顔の向きをキープしよう

鈴木さんのトップは左体重になり体が反るいわゆる“逆ピボット”の状態になっていました。この状態から打ちにいくと、アウトサイドインのカット軌道でスピン量も必要以上に多くなります。顔の向きをキープしたままバックスウィングをすれば右腰が伸びずに体重を右サイドに感じられるようになります。

鈴木さんのスウィングは極端に悪いほどではないのですがボールをずっと見続ける意識が強すぎるのでしょう。その結果、頭が目標方向にズレてしまっています。頭は、少し右に動かしてもいいでしょう。

キムトモの悩み解決レッスンでこ~んなに改善されたのですが・・・どれだけ直ったかは動画で確認してくださいね!

画像: ④ドライバーのスライスで距離が出ないときは?「キムトモのわかっちゃった!」 youtu.be

④ドライバーのスライスで距離が出ないときは?「キムトモのわかっちゃった!」

youtu.be

キムトモに教えてもらいたいアマチュアゴルファー大募集!

画像: キムトモに教えてもらいたいアマチュアゴルファー大募集!

キムトモこと木村友栄プロに実際に教えてもらいたいアマチュアゴルファー大募集!

例:アイアンでボールがつかまらない。ドローを打つにはどうしたらいいの?などなど…。お名前 年齢 ハンディキャップ ゴルフのお悩みを明記の上、上のメールアドレスに送って下さい!※撮影は千葉県で行います。ご応募お待ちしていまーす!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.