今回は富士レイクサイドCCを調査してきました。この富士河口湖エリアにはプロトーナメントを開催するような名コースが少なくありませんが、ここは比較的フレンドリーな
コースとして知られています。

しかし、侮るなかれ!コースの趣とグリーンは、それら名コースに比肩するほどのものだったのです。朝、練習場に行くと、いきなり富士山とご対面!否が応でもテンションアップ↑↑↑

画像1: ”リゾートコース”と侮るな!
富士レイクサイドCC

そのレンジの脇には本格的なアプローチ練習場もありました。これらの施設を満喫するため、時間にかなりの余裕を持って到着したいところ。

画像2: ”リゾートコース”と侮るな!
富士レイクサイドCC

調査隊は1番からスタート。いきなり豪快な打ち下ろしです。フェアウェイは広く、ここはリゾートコースっぽいところ。朝イチのティショットを気持ちよく打たせてもらえました!

画像3: ”リゾートコース”と侮るな!
富士レイクサイドCC

で、この写真に見覚えありませんか?(ブレててすみません・・・)

画像4: ”リゾートコース”と侮るな!
富士レイクサイドCC

石川遼クンが出演していたテレビの広告です。これに使われたのが、ここ富士レイクサイドCCの1番だったんですって!遼クンとは合成されていますが、1番ホールのグリーン側から撮影した冬の富士山が使われたのだそうです。調査隊が見た様子は、一番上のトップ画像。雲がかかってしまっていますが。。。夏はワイルドな、冬はエレガントな富士山が見えるホールです。

で、そんな絶景を楽しんでいると、カートにお昼ご飯のメニューを目にしました。朝イチからお昼ご飯? とお思いでしょうが、これ、プレーもそこそこに結構見ちゃうんですよ(笑)

画像5: ”リゾートコース”と侮るな!
富士レイクサイドCC

このコースの特徴は、アカマツでセパレートされた雄大なレイアウト。開場50年を経て、立派に育った松は一見の価値あり。この河口湖エリアでは珍しい木々の佇まいなんです。

画像6: ”リゾートコース”と侮るな!
富士レイクサイドCC

そしてそして、調査隊が一番の楽しみと苦しみを味わったのがこのグリーンです。富士山からの傾斜と芝目が絶妙に入り混じり、とても面白い!フェアウェイは広いのですが、スコアメイクに直結するパッティングは本当にやりがいあります。「パッティング脳」が試される、難グリーンでした。

画像7: ”リゾートコース”と侮るな!
富士レイクサイドCC

そして、調査隊を襲う突然の雷雨!!こんなところも夏っぽかったです・

画像8: ”リゾートコース”と侮るな!
富士レイクサイドCC

雨が上がるときれいな夏の富士山が!とにかく全ホールに富士山が絡むコースなんです。腕前を問わず誰もが楽しめるこのコース、機会があれば、ぜひラウンドしてみてください!

画像9: ”リゾートコース”と侮るな!
富士レイクサイドCC

画像10: ”リゾートコース”と侮るな!
富士レイクサイドCC

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.