2015年シニアツアーで
『グローレF』連戦連勝!

昨年の国内シニアツアー、女子ツアーにおいて、使用率№1を獲得したドライバーをご存知でしょうか。それは、テーラーメイドの『グローレF』! その人気の高さから、見事ゴルフダイジェスト社の「ドライバー・オブ・ザ・イヤー」に輝きました。では、その人気の理由を探ってみましょう!

2012年、テーラーメイドの最先端技術を投入して開発されたのが初代『グローレ』。やさしさと飛距離を両立するモデルとして登場しました。ところが、女子プロやシニアプロの間でその性能が高く評価され、使用率が急上昇!一躍人気モデルとなりました。

そして2015年、後継モデルとして、アスリートのテイストを加えた『グローレF』が登場すると、瞬く間にシニアツアーで大人気に! なんと開幕から13試合連続使用率№1となり、年間10勝を挙げるという快挙を成し遂げました。

画像: 2015年、グローレFを手にシニアツアーの“勝ち頭”となった崎山武志プロ

2015年、グローレFを手にシニアツアーの“勝ち頭”となった崎山武志プロ

その火付け役は、この人。室田淳プロ!

画像: 2015年も大暴れ! 見事シニアツアー“賞金王”に輝いた室田淳プロ

2015年も大暴れ! 見事シニアツアー“賞金王”に輝いた室田淳プロ

レギュラーツアーとシニアツアー“二足のわらじ”で活躍していますが、その原動力のひとつは大きな“飛距離”。「なんで室田はあんなに飛ぶんだ!」と話題になり、さらに勝ち星を重ねることで、シニアでは「グローレFじゃなけば勝てない!」とまで言わしめました。

女子プロでも“白ヘッド旋風”が吹き荒れ、松森彩夏プロをはじめ、女子プロの強い武器として不動の地位を築いています。

画像: 初優勝まであと一歩に迫っている松森彩夏プロ。長身から繰り出すダイナミックなショットが武器

初優勝まであと一歩に迫っている松森彩夏プロ。長身から繰り出すダイナミックなショットが武器

「スピードポケット」と
「低・前重心」が飛びの秘密

その秘密は、ヘッドの構造にあり!

画像: グローレFドライバーのヘッドを真っぷたつ。貫通している溝が飛びの秘密

グローレFドライバーのヘッドを真っぷたつ。貫通している溝が飛びの秘密

おわかりだろうか、フェース面近くのソールに施された溝が。この「スピードポケット」によって、左右にスウィートエリアが拡大し、反発するエリアがグンと広くなったんです。そして、フェースは“フォージド”製法で、反発力の高さと、打感の良さを実現しています。

そして、重心は「低・前重心」。

画像: 形状は非常にオーソドックス

形状は非常にオーソドックス

これにより、“低スピン”弾道になり、風の中でも強い弾道で突き進むボールが打てるのだとか。飛ぶ要素が満載なんです。

そして、見逃せないのが“ネック調節機能”。

画像: ネック調節機能でプラスマイナス1.5度の変更が可能

ネック調節機能でプラスマイナス1.5度の変更が可能

今では、非常にポピュラーになっていますが、この調節機能はテーラーメイドから始まったんです。そして、この機能を使うことで、弾道の調整が出来るのはもちろん、“顔”の見え方も変化するので、自分の構えやすいところにセットするのも大きなメリット。ちなみに、上級者の間では「LOWER」にして、ちょっとだけ“右向き”にセットするのが人気とか。

試打した横田英治プロも、その飛びに納得の様子。

画像: ヘッド速度が速いプロが打っても、吹き上がらずに強い球!

ヘッド速度が速いプロが打っても、吹き上がらずに強い球!

「初代グローレに比べて、叩いても吹き上がらずに飛んで行きますね。特に“LOWER”にすると、より叩ける感じに仕上がります。以前はプロモデルやアスリートモデルを使っていたけれど、最近ちょっとしんどくなってきた、なんていう本格志向のゴルファーに、ドンピシャはまるドライバーだと思います!」(横田英治プロ)

『グローレF』のもっと詳しい情報と試打インプレッションは、月刊GD6月号をチェックしてくださいね!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.