このソールの抜けは
感動的だ!

突然ですが、みなさんはアイアンに何を求めていますか? 打感、カッコよさ、飛距離…、いろいろあると思いますが、実はプロや上級者は、ソールの“抜け”を何にも増して重視しているというのです。

画像: 日下部プロがアイアンに求める性能としてぜったい外せないのが“ソールの抜け”

日下部プロがアイアンに求める性能としてぜったい外せないのが“ソールの抜け”

以下、ツアー3勝の日下部光隆プロの証言。
「アイアンって、思うように抜けないと凄く嫌なんです。たとえるなら、街中でガムを踏んじゃったあの感じ。なんか引っかかっちゃって気持ちが悪いんです。特にライが悪い時に、ソールが当たりすぎてミスすることって意外と多いんです」

同じ悩みを抱えていたのが、水戸のトップアマでありクラフトマンでもある木名瀬和重さん。

画像: 水戸でクラブ工房を営む木名瀬さん。自らの悩みを解消すべくオリジナルアイアンの製作に着手した

水戸でクラブ工房を営む木名瀬さん。自らの悩みを解消すべくオリジナルアイアンの製作に着手した

この問題を解消すべく一念発起、“抜けのいい”ソールを研究し尽くし、そしてこのたび完成したのが“三角ソール”アイアン!

画像: 手前が三角ソールアイアン。三角ソールウェッジ(奥)のDNAを受け継ぐことで、抜けの良さを極めた

手前が三角ソールアイアン。三角ソールウェッジ(奥)のDNAを受け継ぐことで、抜けの良さを極めた

ご覧のように、ソールが三角の形に削られています。これによって、余計な引っかかりを解消、自分の思い描いたヘッドの動きになり、狙い通りの弾道が打てるというのです。

さっそく、この三角ソールアイアンを日下部プロの元に持ち込み、試打してもらいました。
「このソールの抜けは未体験です。ソールを大きく削り落としているので、引っかかったり、逆球が出ることが少ない。凄いアイアンだと思います」

画像: ソールの余計な引っかかりがないから狙ったラインに打ち出せる

ソールの余計な引っかかりがないから狙ったラインに打ち出せる

日下部プロがその性能を特に感じたのが、「フェード」を打とうとした時と、「つま先下がり」からのショットの時なのだとか。
「インテンショナルドローは、どんなアイアンでも打ちやすいですが、フェードはソールが抜けるからこそ打てる。狙い通りのラインに飛び出し、思い通りに曲がってくれます」

画像: つま先下がりで怖いのは左に真っすぐ飛んで行ってしまう“逆球”。三角ソールはそれが出にくい

つま先下がりで怖いのは左に真っすぐ飛んで行ってしまう“逆球”。三角ソールはそれが出にくい

「つま先下がりは、ヒール側のソールが当たることで左に引っかかる“逆球”が出やすいけれど、その部分を削ぎ落としているので、引っかけを怖がらずに打っていける。この抜ける感じは、本当に価値があると思います」

打感もフォルムも
本格派が満足の仕上がり

もうひとつ、日下部プロが感心したのが“打感の良さ”。マッスルバックのそれに引けを取らない気持ち良さが味わえると言います。

画像: この角度からでもソールの接地面が少ないのがわかる

この角度からでもソールの接地面が少ないのがわかる

ロフトは7番アイアンで32度と、今のアイアンにしては標準的な設定です。

画像: スコアラインがヒール寄り。これも中・上級者にはしっくりくる

スコアラインがヒール寄り。これも中・上級者にはしっくりくる

アイアンでもうひとつ大事な“顔”は、ややグースネックで包み込んでくれる雰囲気があります。そして、スコアライン(アイアンの溝)の位置がややヒール寄り。「ヒールからヘッドを入れてくる上級者にとっては、この位置が結構重要。その点も上手く作ってありますね」(日下部プロ)

このアイアン、気になる方は、下記のサイトを覗いてみてくださいね!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.