こんにちは、ケンジロウです。暖かい日が続いて、ゴルフがしたくてウズウズしてきますね~(●´ω`●)

PRGRの新しいドライバーがちょっとした話題になっていますが、実はプロギアから新しく出るアイアンのほうが関係者の間では話題を呼んでいるんです。

その名も……、まだ決まっていません(>_<)

プロトタイプのマッスルバックアイアンと言っておきましょうか。8月に発売予定というところの情報しか入っていないのです。

こちらがそのマッスルバックです。

画像1: PRGRの新しいアイアン
マジかっこいいっす!

どうですか、カッコイイよくないですか?「PRGR TUNE」という文字が入っていますね。ヒール寄りにあるマークは何の意味があるんでしょう。パッと見たときに、僕はスリクソンの「ZMフォージド」を思い出しました(@_@)

画像: いい顔してますね~( 一一)こちらも7番アイアンです

いい顔してますね~( 一一)こちらも7番アイアンです

すでに契約選手の、小平智、平塚哲二、矢野東の3選手はこのアイアンに切り替わっているそうで、何でも小平プロや平塚プロから、「気持ちよくフェースターンさせても左にいかないヘッド」というリクエストを受けて、それを実現したのがこのヘッドだそうです。

画像: ほどよい大きさのフェース。これも7I

ほどよい大きさのフェース。これも7I

気持ちよくターンできるために、重心距離は短め。それでも左にいかない理由は、このバックフェースに入った切れ込みに秘密があるみたいなんです。

画像2: PRGRの新しいアイアン
マジかっこいいっす!

PRGRのマークの左上に切れ込みが入っているのわかります?7番アイアンだとこのように入っていますが、4番、5番アイアンはもっとトウ側に切れ込みが入っていて、重心距離が短く設定してあるそうです。一方で8番、9番、PWはもっとヒール側に切れ込みが入っていて、重心距離を少し長めに設定してあるそうです。

つまり、左に引っかかりそうなショートアイアンは重心距離を長めにしてつかまりを抑え、つかまりがほしいロングアイアンは重心距離を短めにして、ヘッドをターンさせやすくしているわけです。

なんとも粋なことをしますね~、プロギアさんは(-。-)y-゜゜゜

どうです?欲しくなってきませんか?発売が待ち遠しいわ~。

なんか立て続けにプロギアのクラブの記事を上げていて、「お金もらってんじゃないの~( 一一)」といぶかる人もいそうですが、そんなことはありません。今年のプロギアの新作は、ドライバーもアイアンもほんと良さそうですよ~(●´ω`●)

写真/有原裕晶

ちなみにドライバーの記事はこちらです

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.