新越谷駅前にオープンした室内型のコース

皆さん、今話題の"ミニゴルフ"ってご存知ですか?そのミニゴルフが楽しめる施設が埼玉県の新越谷駅近くにあるみたい。そこは駅近くの大型商業施設に入っているとのことで早速行ってみました。

画像: ヨーロッパ発祥のニュースポーツ “ミニゴルフ”が楽しめる室内型コース「パットサル36」

ヨーロッパ発祥のニュースポーツ “ミニゴルフ”が楽しめる室内型コース「パットサル36」

扉を開けると巨大なパター場が!

新越谷駅前の大型商業施設にニューオープンした「パットサル36」。パットサルというのは施設のネーミングであり、内容はパターゴルフ。でも遊園地や河川敷の遊戯施設などに見られるものではなく、「ミニゴルフ」と呼ばれる世界大会も開かれる競技。ここは世界連盟公認コースですよ。

ミニゴルフとは・・・パー2×18ホールの打数をパターで競う競技。コースにはいくつかのバリエーションがある。今では世界55カ国、約2000万人がプレーしている。「パットサル36」には2種類、36ホールが設置されている。

知性と技術の本格的スポーツ

上記の写真のように変化に富んだコース。誰がレイアウトを考えたのか?世界連盟公認コースは、全て仕様が決まっておいて、共通だといいます。富士急ハイランドのジェットコースターみたいな、一周ルーしてからカップを目指すレイアウトなんかもある!これがなかなか手ごわいぞ。

世界大会に出場レベルの方は、どれくらいで回るのか・・・18ホールあったら、スコアは大体22~23ぐらいだそう。つまり15ホールぐらいが、ワンパットのバーディ・・・レベルが高い!

オリンピック代表になれるかも?

世界5大大陸で行われ、ゆくゆくはオリンピック競技を目指している「ミニゴルフ」。日本人で専門に世界大会を目指す人はさほど多くはなく、今なら日本代表に選ばれる可能性も高いそう。20年後は、オリンピック競技になり、日本代表に選ばれるかもしれません!ぜひ挑戦してみてはいかがですか?

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.