ティグラウンドから、まずまず以上のショットを続けてグリーン周りまでやってきたアナタ。スコアメイクには、ここからが腕の見せどころです。

さあ、寄せワンを狙って手にしたウェッジで、いざ・・・えいっ!

ザクッ!!  ボールは15センチ先に動いただけ・・・

・・・・・チ――ン ( ゚Д゚)

なんて経験をしたことはおありでしょう、きっと。

そうならないために、アプローチの基本を佐藤信人プロに教わってきました!

ポイント①

フェース向きを感じる

画像1: アプローチでお悩みのご主人!
インパクトを意識しちゃダメ

オーソドックスなピッチ&ランでは、コックやフェースの開閉をほとんど使わないのが正解です。ハーフウェイバックで、フェースの向きがほぼスクェアであればOKです。鏡やガラス窓で確認してくださいね。

ポイント②

目標を見て打つ練習をする

あえてボールを見ないで、顔をターゲットに向けたまま振ってみましょう。そうすると、球に当てようとする意識が減り、インパクト付近でのヘッドの動きが安定します。

重要なので、もう一度。ボールを見ずに、ターゲット見て打ってみて下さい。その時のヘッドの動き、それこそがあなたがするべき動きなんです!

ポイント③

フォローをしっかり意識する

画像4: アプローチでお悩みのご主人!
インパクトを意識しちゃダメ

インパクトはゴールではなく通過点です。フィニッシュをしっかりとる意識で、インパクトのゆるみは激減することでしょう。

飛ばそうとして強く当てたり、飛びすぎを怖れて緩んだり・・・そういうミスが頻発する人は、ぜひともフォローをしっかりとる意識を持ってください。

理にかなった「引き打ち」

インパクトの後でクラブを引く、引き打ち。これも理にかなった打ち方なんです。この場合も、意識はクラブを「引く」という動作。「引く」意識があれば「当てる」意識は少なくなります。ぜひ、試してみてください!

頑張って「寄せ名人」の称号をゲットしちゃってください、ご主人!

↓↓↓↓↓もっと知りたいウェッジのこと↓↓↓↓↓

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.