今回の「全力試打ギア王!」はピンのフェアウェイウッド5番「Gフェアウェイウッド」と「G SFテックフェアウェイウッド」の2本を打ち比べてみたぞ!早速見てみよう

画像: ピン Gシリーズフェアウェイウッド打ち比べ

今回試打したスペックは

Gフェアウェイウッド ロフト17.5° シャフト ALTA J50 42.5インチ Sフレックス

G SFテックフェアウェイウッド ロフト19° シャフト ALTA J50 42.5インチ Sフレックス

どちらも前作同様に空気の流れを整えてヘッドスピードの低下を防ぐ「タービュレーター」が付いておるの。

これは構えやすさにもつながっているようじゃな。

Gフェアウェイウッド
芯でとらえやすい

画像1: Gフェアウェイウッド 芯でとらえやすい

前作のG30に比べ、リーディングエッジの出っ張りが少なくなってすっきりした印象じゃ。ボールにコンタクトしやすくなっておる。構えたときのヘッドの座りがよくて、スムーズにアドレスに入ることができるのが好印象じゃな。

画像2: Gフェアウェイウッド 芯でとらえやすい

シャローなフェースで球を上げやすくなっておる。見た目のイメージから左への引っ掛けがなくて、強く振っても安心じゃ。球筋は強めの高弾道で飛んでいくな。

多少の悪いライからでもしっかりボールを拾ってくれて、コースでも思い切って振り抜いていける。頼もしい武器になりそうじゃ。

やさしく飛ばしたいなら
SFテック

画像1: やさしく飛ばしたいなら SFテック

ヘッド形状が平べったく大きく見えるな。丸みもあって安心感があるわい。平べったくボールが浮いている時には下をくぐってしまうかと心配したが、縦方向にもフェースの厚さがあってスウィートスポットが広く、しっかりボールをとらえてくれた。

画像2: やさしく飛ばしたいなら SFテック

ボールのつかまりもいい印象じゃ。ロフトが19°ある分、ノーマルモデルよりは球を上げやすく感じたな。ティアップしても、地面から打ってもしっかりボールを芯でとらえてくれて、やさしい印象じゃ。

しなりと弾きのよい
純正シャフト

画像: しなりと弾きのよい 純正シャフト

今回はALTA J50という純正シャフトを試打したが、軽くて振りやすい印象じゃな。ヘッドスピードがある人がしっかり打ってもフニャっとした感じはないが、ヘッドスピードが高くなくてもしなりを感じて飛ばしていけるという幅広いゴルファーに対応したシャフトであると感じたぞ。

ロフト調整で自分に合ったクラブに仕上げられる

両モデルともロフト調整機能がついておる。前後1°までロフトを調整できるから、自分の距離に合わせられるのもうれしい機能じゃな。

また次回! お楽しみに~

画像: 全力試打!ギア王 ピン「Gフェアウェイウッド」 「G SFテック フェアウェイウッド」 www.youtube.com

全力試打!ギア王 ピン「Gフェアウェイウッド」 「G SFテック フェアウェイウッド」

www.youtube.com
画像: www.youtube.com
www.youtube.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.