上越新幹線「とき」を降りたら、信越本線に乗り換える前にまず行っておきたいのが「青島食堂」。とんこつベースの濃口醬油に生姜を効かせたスープが独特な人気の一杯です。

画像: 青島食堂 宮内駅前店 新潟県長岡市宮内3-5-3

青島食堂 宮内駅前店 新潟県長岡市宮内3-5-3

画像: カウンターのみの小さなお店。この素朴さが何とも居心地良いです。

カウンターのみの小さなお店。この素朴さが何とも居心地良いです。

まずは入口の食券機で食券を買い、カウンターだけの小さなお店へ。寡黙なおばちゃんが目の前でチャチャッと作ってくれます。

画像: 青島ラーメン(750円)麺大盛りで50円増し、チャーシュー大盛りは100円増し。

青島ラーメン(750円)麺大盛りで50円増し、チャーシュー大盛りは100円増し。

スープは豚骨ベースの醤油味。見た目「濃いかな~」という印象を受けますが、絶妙な加減で、トンコツのコクもしっかり。喉を通った後にほんのりと香る生姜の風味は、想像していたより柔らかく、後味が爽やかで、気を抜くと一気にスープを飲み干してしまいそう…。

若干柔らかめな麺と、赤身の多めなチャーシュー、ちょうどいい量のホウレンソウは、まさしく『昔ながらのラーメン』。ちなみに表面に張った油は、スープを冷やさないためのもの。濃口醬油を使用している理由は、寒いと塩辛い物が食べたくなるから。札幌ラーメンに似た考え方ですね。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.