こんにちは。番記者H部です。今週はミズノオープンに来ています。

練習日に矢野東プロが左打ちを試していました。昔は片山晋呉プロなどが左打ちをよくやっていましたが、最近は他のプロもやるようになってきましたね。

ではその矢野プロの左打ちスウィングをご覧ください。

画像: IMG 1503 youtu.be

IMG 1503

youtu.be

どうですか、矢野プロの左打ちスウィング?

この日、もともとPRGRに注文してあった左利き用のクラブが届いて、左で初めて打ったみたいなんですよ。信じられますか?メチャクチャいいスウィングしていますよね。

さらに驚いたのは、途中で両腕のボールを挟みだしてスウィングしていました。

本当、プロゴルファーってすごいですよね。こういうことをサラッとやってしまうんだから(>_<)

そのスウィングを見ていた内藤雄士プロコーチによれば、「やっぱり東も含めたプロゴルファーっていうのは、フェース面の管理がもの凄く長けているから、それが左打ちになっても変わらずヘッドをコントロールできるんですよね。だからいきなり左で打っても、いい球が打てるんですよ」とのこと。なるほど~。すると右打ちで上手くフェース面を管理できない僕らがやっても難しいのかな(>_<)

打ったあとの矢野プロは「痛かった右ひじが自然にたためて、すごくいい」と感動していました。

では、最後にだいぶ打ちこなした後の連続写真をご覧ください

画像: きれいなドローボールを打っていました

きれいなドローボールを打っていました

ちなみに片山晋呉プロは、一番重いパターでよく左素振りをしています。右打ちばっかりで一方向に固まったスウィングをほぐしているんですって。

皆さんも真似してみてくださいね~(‘◇’)ゞ

写真/有原裕晶

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.