今回の「全力試打ギア王!」はタイトリストのアイアン「716CB」と「716 AP2」の2本を打ち比べてみたぞ!早速見てみよう

今回試打したスペックは

716 CB 7番  ロフト34° シャフト  ダイナミックゴールド S200

716 AP2 7番 ロフト33° シャフト ダイナミックゴールド S200

この2モデルは、どちらを選ぶか迷うゴルファーが多いじゃろ。今回のワシのインプレッションも参考にしていただけるとありがたいの。

716CBはマッスルバックのような
操作性にやさしさが加わった

画像: 716CBはマッスルバックのような 操作性にやさしさが加わった

タイトリストのCBといえば、ハーフキャビティの王道じゃな。伝統的なヘッド形状は受け継ぎつつ、前作の714よりもやさしくなった印象じゃ。芯を喰ったときの厚みのある打感が気持ちがいいわい。打球面の裏にそれなりの厚みを残してある“ハーフキャビティ”形状の賜物じゃな。

マッスルバックに近いヘッド形状じゃが、さすがハーフキャビティ!やさしさもしっかりあるな。球の高さやスピン量も自分のイメージ通りに飛んでいってくれて操作性は抜群じゃ。

ミスヒットにも強いからコースでも活躍してくれそうじゃ。タングステンを一体鍛造して、慣性モーメントをアップさせているらしいが、その効果はしっかりと出ているな。

716AP2は
小ぶりでシャープ

画像1: 716AP2は 小ぶりでシャープ

前作714よりも見た目が「CB」に近くなったな。今回の「AP2」は、とてもシャープな印象じゃ。打感は、“厚み”という点では「716CB」に譲るものの、“柔らかさ”では「716AP2」が一枚上手じゃ。

ヘッドが小ぶりだと芯がはっきりしていて、ミスショットとナイスショットの違いがはっきりと分かるのがいいな。寛容性も高くて、多少芯を外しても球は上がってくれて飛距離も落ちずミスヒットにも強い印象じゃ。このへんは716CB同様タングステンの効果もあるじゃろうな。

操作感もありつつ、もちろん、直線的にターゲットを狙うこともできる、オールマイティなアイアンじゃ。

画像2: 716AP2は 小ぶりでシャープ

前作の714シリーズでも、「CB」と「AP2」で迷うゴルファーが多かったと思うが、小ぶりでシャープさを望むならAP2。伝統的なマッスルバックの形状にやさしさをプラスしたCB。どちらを選んでも後悔はしなくて済みそうじゃ。

次回もお楽しみに~

画像: shop.golfdigest.co.jp
shop.golfdigest.co.jp
画像: 全力試打!ギア王 タイトリスト「716CB」「716 AP2」 www.youtube.com

全力試打!ギア王 タイトリスト「716CB」「716 AP2」

www.youtube.com
画像: https://www.youtube.com/channel/UCLyn8lfEdTvxblul3KBtc6g

https://www.youtube.com/channel/UCLyn8lfEdTvxblul3KBtc6g

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.