女子ツアーではカーボンシャフトのパターで練習するのが流行ってるみたい。

女子プロの間で
流行り始めている!?

練習用にカーボンシャフトの重くて軟らかいシャフトを使っている柏原明日香プロと松村道央プロ。松村プロは菊地絵理香プロから教えてもらったとか。

どんなところに効果があるのか聞いてみました。お二人とも「重量がお重いのでゆっくりストロークできることと、シャフトがしなるから切り返しで”間”が必要になるから打ち急がなくなるんです」

画像: 女子プロの間で 流行り始めている!?

左手とクラブの一体感

画像: 左手とクラブの一体感

「切り返しで”間”ができるから左腕とクラブの一体感を感じられるんです。打ち急ぎ防止にもなって気に入ってますよ」と柏原プロ

打ち急がないで
球をつかまえたい

菊地絵理香プロは、練習ではL字タイプのヘッドにカーボンシャフトのパターを使っていました。

「ゆっくりと体でストロークできるようになるから、試合の練習グリーンでよく使ってます。インパクト前後の打ち急ぎに気をつけてますよ」

画像: 打ち急がないで 球をつかまえたい

菊地絵理香プロの
カーボンシャフトでのストローク

テークバックからダウンスウィングに入る切り返しで、一瞬ですがシャフトがしなって“間”ができていますね。そのことで手首を使わずに肩や体とパターが同調してスウィングしているのがわかります。

月刊ゴルフダイジェスト10月号 ツアーで拾った生情報満載!!「プロ汁ごっくん」もっと詳しくはコチラから

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.