3打差リードで迎えた最終ホールで
まさかのトリプルボギー

1打1打を丁寧に、慎重に、苦労して、我慢して71ホール目まで積み重ねてやってきたゴール直前の72ホール目で、フランスのジャン・バンデベルデは悪夢と出逢った。1999年の全英オープンだった。この年はスコットランドのカーヌスティ・ゴルフリンクスで開催された。
最終日、最終ホールで2位に3打差をつけていたバンデベルデが、まさかのトリプルボギーを叩いてしまったのだ。

画像: 史上2人目のフランス人チャンピオンまであと一歩と迫ったバンデベルデ。優勝したポール・ローリーよりも深い印象を人々に残すことになってしまった

史上2人目のフランス人チャンピオンまであと一歩と迫ったバンデベルデ。優勝したポール・ローリーよりも深い印象を人々に残すことになってしまった

問題は、最終ホールのプレーだ。第1打をドライバーで右に押し出し、運よく隣のホールのフェアウェイに落ちて、浅いラフに止まった。次の第2打である。もうプレッシャーで腕の振りのバランスの悪いスウィングは、ボールを右に押し出すしかできなかった。
落ちた場所が、ひざまである深く絡まっているラフ。そこからの第3打、ボールは勢いもなく飛び出して失速し、グリーン手前の小川に落ちた。彼は、ウォーターショットを「本気で考えた」が諦めて、再びラフから打ち直し、バンカー。結局トリプルボギーを叩いた。

画像: 小川に沈んだボールを見つめ、ウォーターショットを考える。結局1打ペナルティを払い、後方へのドロップを選択した

小川に沈んだボールを見つめ、ウォーターショットを考える。結局1打ペナルティを払い、後方へのドロップを選択した

そして先にホールアウトしていたジャスティン・レナードと無名の選手、ポール・ローリーと並んで通算6オーバーとし、プレーオフとなって結局敗れ去った。
「まるで、おとぎ話のようだよ。どうやって自分が冷静さを保ってプレーしたのかさえ覚えていない」ほど無我夢中で追いかけ、優勝したローリー。

画像: 72ホール目を終えたバンデベルデ。しかし、4ホールのプレーオフを戦い抜く気力は残っていなかった

72ホール目を終えたバンデベルデ。しかし、4ホールのプレーオフを戦い抜く気力は残っていなかった

そしてバンデベルデは「100年経ったら、僕のことなんか忘れているさ。これはたかがゴルフじゃないか。ゲームじゃないか。人生には、もっと辛いことがいっぱいあるんだから……」と憔悴しきった。

ゴルフの神様は、ときに残酷極まりない。(文・三田村昌鳳)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.