難しいけど何とか一発で脱出したい! 目玉のバンカーからの脱出法を近藤共弘プロに教えてもらいました。

フェースは開いて
左足体重

「基本はフェースを開きます。砂の抵抗に負けないように上からがっちり入れたいので、左足体重もコックもしっかり意識します」

「目玉のボールの下まで砂の中にしっかりもぐらせないとボールが上がらないので、フォローはとらなくていいんです」

「上から”ドスン”ともぐらせて終わり」砂にクラブヘッドが弾かれないようにしっかり高いところからね」

しっかり上から
打ち込むように

「フェースを開くとバウンスが当たってもぐらせにくい分、入射角を確保して上から打ち込むように」

「スピンはかからないから、グリーン奥に止まればOKですね」

画像: しっかり上から 打ち込むように

ボールを上げようと
するとミスの元

「一番のミスは、ボールを上げようとして右に体重が残ってしまうこと。これだと打ち込めないし砂の下にヘッドがもぐらない」

「トップしたりチョロしたり、脱出は難しくなっちゃう。しっかり左足体重でコックを目いっぱい使って”上からドスン”が大事ですよ」

画像: ボールを上げようと するとミスの元

かなり上から打ち込まないといけないんですね。左足体重にコックを目いっぱい。うーん、勇気を出してやってみよう! 次回は左足上がりの目玉のバンカーを教えてもらいますよ!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.