スライサーにはつかまりのいいSFテック

重くて大きなヘッド、長くて深くて低い重心位置というブレないコンセプトでドライバーをリリースし続けるピン。最新のGドライバーは基本的にキープコンセプトながら、前作G30よりもヘッド重量をやや軽くして、振りやすくなっているモデルです。

GドライバーにはG30同様に3種類のヘッドが用意されています。ノーマルのGドライバー、つかまりをもとめたSFテック、つかまりをやや抑え、更なる低スピン弾道を目指したLSテック、の3つです。

3つのGのうち、どれがいいのか、編集N島がピンのフィッティングを体験してきました。

新宿のビル群の中に、ピンのフィッティングスタジオはあります。

画像1: 凄すぎる!フィッティング事情。
3つあるピンの「Gドライバー」
どれがいい?

ショップの奥にあるフィッティングブース。

画像2: 凄すぎる!フィッティング事情。
3つあるピンの「Gドライバー」
どれがいい?

バッバの実使用スペックドライバーなど、ファン垂涎の素敵な展示コーナーを抜けて、ブースへ向かいます。

画像3: 凄すぎる!フィッティング事情。
3つあるピンの「Gドライバー」
どれがいい?

現状のドライバーで抱えている問題を、フィッターさんに告げます。包み隠さず、今の悩みを相談しましょう。

画像4: 凄すぎる!フィッティング事情。
3つあるピンの「Gドライバー」
どれがいい?

いくつかあるシャフトの中から、合いそうなものを選んで試打します。

フィッターの長沼さんが持っているシャフトのうち、青のALTA J50がGドライバーのメインシャフト。日本市場向けに開発したもので、かなり振りやすいんです。

画像5: 凄すぎる!フィッティング事情。
3つあるピンの「Gドライバー」
どれがいい?

計測システムは、プロゴルファーにも愛用されている「GC2」。ボールはタイトリストのプロV1。ちなみに、ピンの本社でもクラブ開発にはプロV1が使われており、Gドライバーとの相性が良さそうですよ。

画像6: 凄すぎる!フィッティング事情。
3つあるピンの「Gドライバー」
どれがいい?

何発か打ってみて、数値を計測します。どのヘッドとどのシャフトのマッチングがいいのでしょうか……

画像7: 凄すぎる!フィッティング事情。
3つあるピンの「Gドライバー」
どれがいい?

ピンは初速を重要視

何本か打った中から、一番数字がよかったものをチョイスし、さらに細かいスペック違いのテストに移行します。

画像8: 凄すぎる!フィッティング事情。
3つあるピンの「Gドライバー」
どれがいい?

ここでピンが重視するのはボールの初速。ヘッドスピードが上がったとか、スピンが増減したとかは二の次で、とにかくボール初速が最も速くなるスペックを追い求めていくのです。

球がつかまらないスライサーは、つかまるヘッドSFテックにすることで余計なスピンが減り、

この続きは、誌面でご覧ください・・・

ピンといえばパターもお忘れなく

ゴルフ界にピン型パターという言葉があるように、ピンといえばパターでしょ、という方もまだ少なくありません。

フィッティングスタジオでは、パターのフィッティングもやっているんですよ!

ピンが独自に開発したアプリがインストールされたスマホをシャフトに装着し、5回ストロークするだけ。

画像9: 凄すぎる!フィッティング事情。
3つあるピンの「Gドライバー」
どれがいい?

これで、あなたのストロークのタイプとおすすめヘッド、調整すべきライ角まで弾き出されます。ここまでパターを合わせられたら、平均パット数もきっと減るに違いありません。

画像10: 凄すぎる!フィッティング事情。
3つあるピンの「Gドライバー」
どれがいい?

写真/有原裕晶

ピンのフィッティング、詳しくはこちらからどうぞ。

ドライバー最新フィッティング、詳しくは月刊ゴルフダイジェスト7月号で!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.