都心在住の方であれば、伊豆でラウンドしたら、帰りは伊豆中央道から伊豆縦貫道を抜け、東名高速という方が多いと思いますが、湘南在住の担当Nが、ぜひ通っていただきたいのが海沿いの135号から西湘バイパスへ抜けるルートです。なぜって?

画像: 下田漁港すぐ近くにある老舗「磯料理 辻」の人気メニュー、アワビの躍り焼き。大きさにもよりますが、値段は2500~3000円ほど

下田漁港すぐ近くにある老舗「磯料理 辻」の人気メニュー、アワビの躍り焼き。大きさにもよりますが、値段は2500~3000円ほど

その理由はこれ。東伊豆へ抜けたR135沿いには海鮮好きの聖地、下田があるのです! 下田の名物数あれど、この時期にぜひ口にしたいのが、6月下旬に旬を迎える下田のアワビ。南伊豆は国内屈指の漁場として知られますが、黒潮がぶつかる荒磯で育ったアワビは身が締まって味が濃く、特に美味とされています。

画像1: これからが旬! 「下田のアワビ」

6月いっぱいであれば金目鯛も楽しめるのでぜひ。ちなみに下田は金目鯛の水揚げ高、日本一。中でも稲取沖で獲れた金目は「稲取キンメ」と呼ばれ珍重されますが、その中でも沿岸で獲れ、その日のうちに水揚げされた物は「日戻り地金目鯛」と呼ばれ、別格視される代物。都内の超高級料亭や鮨屋さん以外では、ほとんど供されることがない幻の一品ですが、運が良ければ幻の「日戻り地金目鯛」に出会えるかも知れませんね。

画像2: これからが旬! 「下田のアワビ」

ちなみに伊勢海老も食べたいところですが、こちらの解禁は9月。3か月後にまた伊豆ゴルフですね。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.