”ゴル飯”比較検証vol.1「鮭定食」

皆さんラウンド前の朝ごはんはどうされていますか? 最近の牛丼チェーン店では安くて充実した朝限定のメニューを出していますよね。皆さんも利用されたことがあるのではないでしょうか。家だと朝から用意するのは大変なので、手軽に定食が食べられるのがうれしいですよね。

そこで

今回は、「予算は500円以内」「鮭がメインの定食」という2つの条件で吉野家・すき家・松屋・なか卯 4つの牛丼チェーン店の"朝定食"を食べてみましたので、担当目線でご紹介します。

記事の最後にはどこの「朝定食」がいいと思ったかを皆さんに投票していただきたいと思います。ぜひご参加ください(^^♪

No.1のスピード! 吉野家

画像: No.1のスピード! 吉野家

朝食に求めるものは"美味しさ"はもちろんですが、 スピード も大事ですよね。特にラウンド前は早くコースに行ってパッティング練習をしたいなんて人もいると思います。吉野家で一番驚いたのは注文してから商品が出てくるまでの早さ!1分もかからない時間で提供されました。

注文したのは「焼魚定食」で450円。個人的には牛丼のイメージが強かった吉野家ですが、プリッとした鮭がごはんに合っていてとても美味しかったです。「ご飯・味噌汁・魚・のり」というシンプルさもいいですよね。 

500円を超えててしまいますが、+80円で納豆や₊200円でとろろを追加することもできますから、すこし物足りないという人にはおすすめです。

「焼魚定食」の総カロリーは555kcal

吉野家の朝食メニューは↓↓↓

吉野家公式ホームページ 朝食メニュー

ボリュームがいい!すき家

画像: ボリュームがいい!すき家

今回は予算500円以内ということで、「鮭朝食」(390円)に+110円で味噌汁を豚汁に変更しました。豚汁は豚肉が多く、具だくさんなので食べ応えがあって、朝からぜいたくな気持ちになりました(^^♪ ご飯は普通盛りでもしっかりボリューム がありました。

メインの鮭も分厚くてボリュームがありました。付け合わせのひじきは”日本の朝食”という感じがして良かったです(*^-^*) 朝からボリュームがある定食を食べたいという人にはすき家の”朝定食”がおすすめです。

「鮭定食」の総カロリーは 740kcal (とん汁に変更した場合)※味噌汁だと630kcal

すき家の朝食メニューは↓↓↓

すき家 公式ホームページ 朝食メニュー

選べる小鉢が豊富! 松屋

画像: 選べる小鉢が豊富! 松屋

松屋で一番魅力的なのは、 小鉢が充実 していることです。注文した「焼鮭定食」450円に追加料金なしで「納豆・とろろ・プレミアムミニ牛皿・ミニ牛皿・冷やっこ」のうち1つを選べるんです。ちなみにプレミアムミニ牛皿とミニ牛皿の違いはお肉の保存状態が違うそうで、プレミアム牛皿は、冷凍ではなくチルド保存した牛肉を使っているそうです。

今回は5つの選べる小鉢からとろろを選びました。基本の「ご飯・味噌汁・魚・のり」にプラス「とろろ・お新香」が付いて計6品で、お得がありました。品数を多く食べたい という人にはおすすめです! 松屋の朝定食は4種類。そして選べる小鉢が5種類なので、全部で20通りもあることになります!毎日食べても飽きがこないのがいいですね。

「焼鮭定食」の総カロリーは612kcal(とろろを選んだ場合)※小鉢なしで568kcal

松屋の朝食メニューは↓↓↓

松屋公式ホームページ 朝定食メニュー

牛小鉢がいい!なか卯

画像: 牛小鉢がいい!なか卯

「なか卯」といえば、牛丼だけでなくうどんや親子丼なども幅広く食べられることが魅力ですが、今回注文した「牛鮭朝定食」 肉と魚の両方が食べられて朝から贅沢です。しかも+50円で味噌汁を豚汁に変更しても480円と予算500円に収まります(^^)/

この定食の最大の魅力は牛小鉢です。小鉢なのであまり量は期待していなかったのですが、結構なボリュームでした。豚汁も野菜と豚の旨味が溶け出してすごく美味しかったです。品数とボリュームの両方満足できる定食でした。

「牛鮭朝定食」の総カロリーは723kcal(とん汁に変更した場合)※味噌汁だと656kcal

なか卯の朝食メニューは↓↓↓

なか卯公式ホームページ 朝ごはんメニュー

4つの”シャケ定食”どうでしたか? 比べてみると、朝定食にもそれぞれの店の特徴が出ていて面白かったです。皆さんの”朝定食”選びの参考になればうれしいです(*^-^*)

あなたはどこの”朝定食”を選びますか?

  • 吉野家
  • すき家
  • 松屋
  • なか卯
  • 吉野家
    17
    15
  • すき家
    13
    12
  • 松屋
    27
    24
  • なか卯
    43
    39
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.