月刊ゴルフダイジェストの好評連載「振り子の教室」。パットにまつわるさまざまな疑問や悩みをパット研究家の星谷孝幸先生が科学的な視点で解説してくれます。

今回のテーマは「ボールの線」。目標に合わせる人、合わせない人さまざまだと思いますが、どっちがいいんでしょう。さっそくほしや先生の見解を聞いてみましょう!


ボールのロゴや線
目標に合わせた方がいいの?


合わせてマイナスなことは
何ひとつありません

ボールに線を描く、試したことがある人も多いかもしれません。実際、松山英樹をはじめ、多くのトッププロや上級者はボールに線を描いていますし、最初から線などが入った状態で売っているボールもあります。

画像: 松山英樹も入念にボールに描いた線を目標に合わせる

松山英樹も入念にボールに描いた線を目標に合わせる

この目的はもちろん、パッティングの際に狙った目標に線を向けることで、“ガイドライン”にするためです。言い換えれば、ボール自体がどこを向いていて、どう転がるのかをプレーヤーに教える役割を果たしています。

私の見解では、この線はあるにこしたことはありません。特にショートパットでは、打ちたい方向が明確になることで、カップインの確率が上がりますし(もちろん正しくラインを読めていることが条件ですが)、ロングパットにおいてもおおよその目安になりますから、方向が大きく狂うことを防げます。

ただ、どんな線を描くのがいいのかは意見の分かれるところです。松山選手のように1本の細い線を描くプレーヤーが多いですが、この1本線だと、正確にターゲットに向けにくいと私は見ています。

画像: ボールのサイドのロゴもターゲットにセットすることを念頭にプリントされている

ボールのサイドのロゴもターゲットにセットすることを念頭にプリントされている

ボールに細い線と太い線を描いて実際に比べると良くわかるのですが、細い線だと目標にセットするのに結構神経を使いますし、正確に合わせたつもりでも、アドレスするとなんかズレている感じがぬぐえないことも多い。

画像: 真ん中は片山晋呉が採用するタイプの線。右は以前、特集記事で制作した太い模様を施したもの。1本の線のものよりも、ターゲットに合わせやすい

真ん中は片山晋呉が採用するタイプの線。右は以前、特集記事で制作した太い模様を施したもの。1本の線のものよりも、ターゲットに合わせやすい

しかし帯のように太い線だと目標にセットしやすいですし、良い意味で“おおざっぱ”になり、安心して構えられます。

方向性に不安がないと
距離感に集中できる

線は細いより太い方が狙ったラインにボールをセットしやすいことは研究していく中でわかりましたが、方向性を向上させるためには、もうひとつポイントがあります。それは目標の線と直角に交わる“横線”を描き入れることです。

画像: ボールの表面に縦横の線があることで、フェース面のセットとターゲットへのライン取りが同時におこなえる

ボールの表面に縦横の線があることで、フェース面のセットとターゲットへのライン取りが同時におこなえる

この横の線はフェース面と平行。これがあることで、格段にフェース面を目標に向けやすくなる。縦の線との相乗効果で構えに対しての不安が相当解消されます。そうすれば、「正しく構えられているのかな」などと打つ段になって方向性に対して逡巡することがなくなり、パットでもっとも大切な“距離感”に集中でき、結果としてグッドパットが増えてくるのです。

画像: ほしや先生もこのタイプの線を引いたボールを使用するという

ほしや先生もこのタイプの線を引いたボールを使用するという

「パットはセンス」とよく聞きますが、私は必ずしもそうは思いません。距離感のものさしや、今回お話しした方向性のものさしを持つことで、自分なりの基準を作れば、いくらでも上達できるのです。皆さんも明確な基準を持つことで、間違いなくパット数を縮められるはずです。

なるほど~、ボールの線ってわずかなことだけれど、その効果は絶大みたいですね。ティショットでもこの線を活用する選手を多く見かけるます。意外と簡単に方向性の悩みが解消されるかもしれませんね! また、次回をお楽しみに!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.