今回の「全力試打ギア王!」はピンのユーティリティ「Gハイブリッド」と「Gクロスオーバー」の2本を打ち比べてみたぞ!早速見てみよう

今回試打したスペックは

Gハイブリッド 4番  ロフト22° シャフト ALTA J50 Sフレックス

Gクロスオーバー 4番 ロフト21° シャフト ALTA J50 Sフレックス

アイアンとフェアウェイウッドの間のクラブはどういうセッティングにするか迷うゴルファーが多いじゃろ。今回のワシのインプレッションも参考にしてくれるとありがたいの。

ミスヒットでも飛距離が出る
Gハイブリッド

画像1: ミスヒットでも飛距離が出る Gハイブリッド

まずは、構えた印象じゃがリーディングエッジとトップラインが平行に見えるから真っすぐに構えやすいな。打ってみると、多少のミスヒットでも直進性が高く「前に前に」飛んでいってくれるわい。これならあまり打点(芯)を気にせずに思い切って振りぬいていけるな。

画像2: ミスヒットでも飛距離が出る Gハイブリッド

フェースもある程度厚みがあるのがいいな。この厚みがフェアウェイだけでなく、深いラフやバンカーなどのいろんななライに対応してくれそうじゃ。ユーティリティを使う時はいつもフェアウェイというわけではないからな。ある程度の縦のスウィートスポットも”許容範囲”が必要じゃ。

このクラブは、クラウン部分とフェース部分を薄くし、軽くしたことで、重心位置を下げて前モデルよりも打ち出しは高く強くなるように進化しておる感じたな。

ユーティリティは種類が多くて迷うじゃろうが、ソールをすべらせてレベルに振るタイプのゴルファーには「Gハイブリッド」のようなウッド型ユーティリティがおすすめじゃな。

”はじき感”が気持ちいい
Gクロスオーバー

画像1: ”はじき感”が気持ちいい Gクロスオーバー

見た目はロングアイアンのようじゃが、構えてみるとソールが広くて”すわり”の良さを感じたな。自分が打ち出したい方向にきっちりクラブを合わせられるのがいいな。

打感は”硬い”とか”軟らかい”では言い表せない気持ちいい”はじき感”がしたな。このクラブの特徴は”フェースのたわみ”にあるんじゃが、芯を外しても気持ちいい”はじき感”とともにフェースがたわんで飛んでいってくれたわい。

画像2: ”はじき感”が気持ちいい Gクロスオーバー

アイアン型の形状は、どうしてもボールを上げづらい印象があるよな。このクラブはさっきのGハイブリッドほどではないのじゃが、しっかり高い球で飛んでいってくれるんじゃ。やさしさもGハイブリッドに近いものを感じたな。

ウッド型のユーティリティは苦手で、上からダウンブローに打っていくタイプの人には、この「Gクロスオーバー」がおすすめじゃ。

今回試打した「Gハイブリッド」と「Gクロスオーバー」のどっちを選ぶかはそれぞれの好みじゃ。今回のワシのインプレッションも参考にしてくれると嬉しいな。

次回もお楽しみに。

画像: shop.golfdigest.co.jp
shop.golfdigest.co.jp
画像: 全力試打!ギア王 ピン 「Gハイブリッド」「Gクロスオーバー」 youtu.be

全力試打!ギア王 ピン 「Gハイブリッド」「Gクロスオーバー」

youtu.be
画像: www.youtube.com
www.youtube.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.