今年も日本列島は梅雨真っ只中。ゴルフ場の芝にとってはまさに潤いの雨が降る季節!

雨ゴルフのルールで知っておきたいのはカジュアルウォーターですよね。今日はカジュアルウォーターについて復習しておきましょう!

一時的な水たまりをカジュアルウォーターといい「異常なグラウンド状態」として「罰なし」に救済を受けることができます。

画像: カジュアルウォーターは罰なしで救済を受けることが出来る

カジュアルウォーターは罰なしで救済を受けることが出来る

ボールを拾い上げ、救済のニアレストポイントから「1クラブレングス以内」で、ホールに近づかないところにドロップすることができます。

なお、カジュアルウォーターから救済されたボールは、ドロップする前にきれいに拭いて構わないとされています。

しかし、グリーン上の救済になるとドロップではなくプレースになるのでご注意ください!ボールはグリーン上にあり、パット線上にカジュアルウォーターがある場合も「異常なグラウンド状態」として救済が受けられます。

画像: へぇ~、そうだったんだ!!
グリーン上の水たまり

この場合、パット線の水たまりをさけ、ホールに近づかない、元の位置にもっとも近いところ(ハザード以外)プレースとなります。グリーン全体が水たまり状態のときは、救済地点がグリーンの外になることもあります。

その場合は、カラーも含めグリーンの外でも「グリーン上扱い」となりプレースです。

「グリーンの外だから・・・」

とドロップすると2打罰になるので注意してくださいね。

月刊ゴルフダイジェストでは、毎号ルールに関するページを掲載しています。そちらもゼヒご覧ください!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.