ティグラウンドの区域外にティアップしてしまうことを”デベソ”と言ったりしますが、ついつい少しでも前に飛ばそうとしてギリギリにティアップしてしまいますね。

ティアップしたボールがティマークに少しでもかかっていればセーフと記載されています。

ティグラウンドの区域外とはティマークの一番外側の線から後方に2クラブレングスの範囲とされています。この区域外から打った場合は2打罰となってしまいます。(ゴルフ規則11-4)

打ち直しをしなかった場合、ストロークプレーの競技では競技失格となりますので十分気をつけましょう。打ち直しは最初の一打は区域外のためカウントされませんので3打目となります。

画像: 知っておきたいルール
これって何打罰?

ではここで問題です

いわゆる”デベソ”(ティグランドの区域外)で打ったボールがOBとなりました

打ち直しは何打目になるでしょうか?

  • A デベソ(区域外)の2打罰に最初の1打とOBの1打罰を加えて5打目で打ち直し
  • B デベソ(区域外)の2打罰に最初の1打はカウントせずにOBの1打罰を加えて4打目で打ち直し
  • C デベソ(区域外)の2打罰を加えて3打目で打ち直し
  • A デベソ(区域外)の2打罰に最初の1打とOBの1打罰を加えて5打目で打ち直し
    24
    85
  • B デベソ(区域外)の2打罰に最初の1打はカウントせずにOBの1打罰を加えて4打目で打ち直し
    18
    65
  • C デベソ(区域外)の2打罰を加えて3打目で打ち直し
    58
    209

さあ、それでは回答です。

ルールブック規則11-4によると、競技者がティーイングラウンドの外からプレーしたストロークと、その後の誤りを訂正するまでの間のストローク数は競技者のスコアに入れない。

従って答えは C となります。

ティ―イングランウンドの区域外から打った2打罰を加えた3打目での打ち直しが正しい処置となります。

ちなみに、マッチプレーの場合は相手からクレームがなければ無罰で競技続行となります。

ルールをわかりやすく解説しています↓↓↓↓

月刊ゴルフダイジェスト8月号発売中!!

This article is a sponsored article by
''.