グリーン上で500円玉をマーク代わりに使っている方いませんか? この状態でボールを拾うと500円玉だけグリーン上にある状態になりますよね?

実際にあった話ですが、あるインストラクターが生徒さんを連れてラウンドレッスンに出かけました。インストラクターのプロはグリーン上で500円玉でボールをマークし他の生徒さんのレッスンをしていると…

先生! 500円玉が落ちてました!

真面目で実直な生徒さん、500円玉がボールマークと知らずに拾ってしまいました。

画像: 先生! 500円玉が落ちてました!

さて、ここで問題です。

この場合の正しい処置は次のうちどれでしょう?

グリーン上のボールマークを同伴競技者によって動かされた場合

  • A マークがあったと思われる場所に戻して無罰で続行
  • B マークがあったと思われる場所に戻して1打罰で続行
  • C 拾ってしまったプレーヤーに1打罰が課される
  • A マークがあったと思われる場所に戻して無罰で続行
    60
    553
  • B マークがあったと思われる場所に戻して1打罰で続行
    17
    161
  • C 拾ってしまったプレーヤーに1打罰が課される
    23
    210

今回のポイントは、球を拾い上げたり球の位置をマークしている時ではないこと、そのボールのプレーヤー本人が動かしたのではないこと。

それでは解答です

裁定集によると、規則20-1/9に局外者がボールマーカーを拾い上げた場合の事例が掲載されています。

「プレーヤーは自分の球があった場所にできるだけ近い地点に自分の球をプレースしなければならない」とありますので、答えは A となります。

動かされた原因が「局外者」であることが無罰の理由ですね。これが、ラインを確認しているうちに自分のスパイクの靴底にくっついている場合では処置が変わってきます。

その場合は1打罰を受け,あったと思われるできるだけ近い位置にプレースとなります。

ルールをわかりやすく解説しています↓↓↓

This article is a sponsored article by
''.