力は男性アマチュアに劣るにも関わらず、高弾道のドローボールで250ヤード以上飛ばす選手がいるのはどうしてなのか?

6月21日に発売された月刊ゴルフダイジェスト8月号の巻頭にて、その謎に迫っています!

日本女子ツアーの中で屈指の飛ばし屋である、渡邊彩香プロに飛ばしのコツをレッスンしてもらいました!

安定した下半身が大事なんです

少しオーバースウィングの傾向がある渡邊プロが、クラブをプレーンに乗せて下ろすため特に腹筋を意識してスウィングしています。

画像1: 安定した下半身が大事なんです

これまでは体重移動を重視してスウィングをしていたという渡邊プロ。確かにスムーズな体重の移動は重要であるものの、それを考えすぎると十分に身体が回転せず、捻転が足りなくて腕だけの力でインパクトしてしまうことにつながったといいます。

そこで渡邊プロは身体の回転、特に肩の回転を重視しているんだそう。

肩の回転をスムーズにするために、下半身の強化、さらには背筋、体幹を鍛えているのだそう。ハイクリーといって、床の上にあるバーベルを引き上げるトレーニングを行っているそう。クラブをバーベルに見立ててやってくれました!

さらにバーベルを首の後ろに回して、身体を上下することで足腰の強化にもつながります。

そして、下半身をどっしりと安定させた上で腕にパワーを伝えます。そうすると腕がムチのようにしなやかにしなって飛距離もグンとアップするんです。

画像2: 安定した下半身が大事なんです

いかがでしたか?

月刊ゴルフダイジェスト8月号では、さらに詳しく飛ばしのコツを掲載しています。ぜひご覧くださいね!

写真/有原裕晶

This article is a sponsored article by
''.