ゴルフ場にスポーツカーで行きたい! そう思ったことはないだろうか? そんなアナタにとびきりの中古車情報をお届けします。今回は、ゴルファー憧れのフェラーリ「456GT」をご紹介!

とにかくカッコイイ!

456GTは、見た目がとても大人っぽい。車庫に置くだけでいい、窓越しに眺めるだけで絶大な幸福感を味わえるのがフェラーリだ。後席が着いていて、得した気分になれる。シートに身を沈め、エンジン音を聞くだけで快楽。スピードを出さなくても満足できるぞ。

【スペック】全長×全幅×全高=4730×1920×1300mm。新車価格は2600万円、中古車価格は400万円台から。高級感にあふれ、見えないところにもこだわっている。

壊すと高い456GT

456GTは、すごくかっこいいが相当お金がかかる。部品が高額で、「壊れても直せばいいでしょ」という超富裕層向けのクルマだ。ボンネット約400万円、ドアミラー約100万円、タイヤ数万円など「貴族のクルマか!」とツッコミを入れたくなるほど。だから、このクルマは扱いにコツがいる。

画像: 操作は丁寧に

操作は丁寧に

ギアボックスは壊れやすいので急なギアチェンジは避け、丁寧に操作しなければならない。また、456GTはフロントにエンジンを積んだので、熱がこもってギアボックス等を痛めてしまう。渋滞は何があっても避けるべき。

画像: 気をつけて駐車

気をつけて駐車

リアバンパーを擦らないようにクルマ止めと距離を慎重に計算。たまに枠をはみ出すこともある。燃費は気にせず、街乗りで3~4、高速で5~7km/L。もちろんハイオクだ。

トランクは、キャディバッグもしっかり積める

トランクはどうかというと、キャディバッグもしっかり積める。フルサイズのバッグなら46インチのドライバーを抜かずに1本入る。スタンド型ならなんと2本詰めてしまう。フェラーリなのに広いところがいい! ゴルフに行くにも重宝できそうなクルマだ。

400万円台から買える「フェラーリ456GT」。扱いは大変そうだが、ゴルフ場に行けば注目されること間違いなし! ぜひ一度試乗してみてはいかがだろうか?

画像: トランクは、キャディバッグもしっかり積める

撮影/島村栄二

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.