少しドライバーの調子が悪いN島君、どうやらラフのほうに飛んでいったようです。ボールを探しながら歩いていたらうっかりボールけってしまいました。

自分で自分のボールを蹴ってしまいボールを動かしてしまいました。さて、ここで問題です。

自分のボールを蹴って動かした場合の処置

次のうちから正解と思われる□にマークしてください

  • A 無罰で元の位置に戻してプレー続行
  • B 1打罰を加算し、元の位置に戻してプレー続行
  • C 1打罰を加算し、そのままプレー続行
  • A 無罰で元の位置に戻してプレー続行
    14
    562
  • B 1打罰を加算し、元の位置に戻してプレー続行
    74
    2879
  • C 1打罰を加算し、そのままプレー続行
    12
    470

今回のポイントは、誰がボールを動かしたのか?にあります。同伴プレーヤーによって動かされた場合は”局外者”扱いとなって無罰で元の位置に戻してプレー続行(規則18-1)。自分で蹴って動かした場合とキャディが動かした場合同じ扱いとなります(規則18-2)。

従って正解は B 。1打罰を加算し、元の位置に戻して(リプレース)プレー続行となります。元の位置に戻さずにプレーを再開すると誤所からのプレーで2打罰が加算されるので注意してください。

規則18-2では、止まっている球が動かされた場合について、プレーヤーやパートナー、またはキャディや携行品により、プレーヤーの球がインプレーの場合、プレーヤーは1打罰を受ける。

・球を拾い上げたり動かしたとき。
・故意に球に触れたとき(アドレスの際にクラブが球に触れたときを除く)
・球の動く原因となることをしたとき。

同伴プレーヤーのボールが見つからない場合は、積極的に探しましょう。

This article is a sponsored article by
''.