ドライバーをナイスショットして、「さあ2オンを狙うぞ!」と思ったのに、フェアウェイウッド(FW)で痛恨のチョロ。これではドライバーのナイスショットも台なしになってしまう。FWのミスをなくすためツアー通算2勝の谷口拓也プロに、レッスンしてもらった!

払い打とうとしすぎるのは「百害あって一利なし」

ほかのクラブではここまで大きなミスはしないのに、FWを持つとボールの頭を叩くようなチョロ。そんな、FWが苦手なアマチュアは意外と多い。

「FWが苦手という人は、『払い打つ』というイメージにとらわれて、スウィング中の横方向の動きが過剰になっている場合が多いように感じます」。そう話すのは、ツアー2勝の実績を持つ谷口拓也プロ。「横から打とう」という意識が働くのか、テークバックから体が右に流れてしまい、そのままあおり打ってダフるか、逆にダウンスウィングで上体が左に突っ込んでしまう人が多いと分析する。

画像: 「“FWは払い打ち” その意識が強すぎますよ!」

「“FWは払い打ち” その意識が強すぎますよ!」

「FWは『払って打つ』というプロもいますから、払い打つこと自体は間違いではないんです。でも、ただでさえ軸がブレがちなアマチュアが『払って打とう』なんて思ったら、だいたいはスウェイしてしまいます。大事なのは軸をキープすることです」(谷口、以下同)

払い打とうとせず、軸をキープするといわれても、軸ってどうすれば意識できるのだろう。

「回転運動でスウィングする感覚を養えば、軸のイメージも自然と湧いてきます。実際にショットする前に、両足を揃えて素振りをしてみてください。腕の力を抜いて、ヘッドをまあるくブルンブルンと振るんです。足を揃えて振れば、体が少しでも左右に流れるとグラつきます。トップでもフィニッシュでもグラつかずに回転できれば、軸を中心に回る感覚が自然と分かるはずですよ」

画像: あおり打つことも打ち込むことのできないので、スウィングは自然とレベルになる。この状態が本来の「適度な払いうち」なのだという

あおり打つことも打ち込むことのできないので、スウィングは自然とレベルになる。この状態が本来の「適度な払いうち」なのだという

「スウェイする人の特徴は、テークバックで十分に上体をねん転させられずに、手でクラブを上げてしまうことです。アドレスから胸を90度右に回し、右の肩甲骨を背骨方向に寄せるように右手を上げ、そこに左手を添えましょう。その状態が深く体がねじれたトップです」

画像: 胸を右に向けて手を上げるだけ

胸を右に向けて手を上げるだけ

払い打とうとする意識を持ちすぎないようにしよう。軸のイメージをしっかりと持ってスウィングすれば、FWのチョロとはオサラバできるぞ。

谷口拓也(たにぐち・たくや)1979年生まれ、徳島県出身。アマチュア時代から活躍し、02年にプロに転向。04年の「アイフルカップ」と08年の「サン・クロレラ クラシック」でツアー2勝を挙げる

写真/中野義昌

(月刊ゴルフダイジェスト2015年6月号より抜粋)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.