今度は7番で190ヤード?激飛び第二弾「インプレスUD+2」

「アイアンだって、飛ばすが勝ち!」とばかりに、ぶっ飛びを超える“激飛び”アイアンが次第にその数を増やしている。その人気をけん引したのが「ヤマハUD+2」アイアン。GDアワードでもクラブ・オブ・ザ・イヤーを受賞したが、その2代目が満を持して登場!

画像1: 今度は7番で190ヤード?激飛び第二弾「インプレスUD+2」

進化したのは、さらなる“飛距離”性能。7番で26度の超ストロングロフトは変わらないが、さらに超が付く“深・低重心”に。打ち出しが高くなるとともに、打点と重心の位置が近づくことで、飛距離効率がアップ。フェースの反発も極限まで高め、高初速を実現した。

画像: ソールまで回り込んだL型フェースを採用。下目の当たりにも強い

ソールまで回り込んだL型フェースを採用。下目の当たりにも強い

フェースはシャロ―で面長。重心位置が低いので芯に当たりやすく、重心距離も長めなので当たり負けない。

画像2: 今度は7番で190ヤード?激飛び第二弾「インプレスUD+2」

「打ち込むとこのクラブの良さが出ない。フェースを滑らせるように打つと、ありえないほど飛ぶ。フェースのはじくエリアも広いですね!」(谷口拓也プロ)

試打インプレッション

画像: 試打インプレッション

飛びとミスへの許容が抜群にいい。そろそろ優しいアイアンを、と思っている方に、ぜひ一度打ってみてほしいアイアンだ。

【9月16日登場!各地で試打会も開催中】

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.