アイアンショットは、ハンドファーストを保ったままインパクトを迎えることで、ロフトが立ってしっかり飛距離を出すことができる……のだが、それがなかなか難しい。そこで、藤田大プロに軽く振っても飛ばせるアイアンショットのコツを聞いてみた。

回転するときは上半身はタテ、下半身はヨコを意識する

上半身は前傾角を保ったまま回転=タテの回転になる

「気をつけてほしいのは絶対にスウェイしないということでしょうか。とにかく体の回転を止めないことが重要です。回転するときの意識は下半身がヨコ回転、上半身はタテ回転のイメージを持つといいでしょう」(藤田、以下同)

「スウェイせずにその場で回るためには、下半身はヨコに回したいのですが、上半身までヨコ回転をすると、クラブがインサイドに動きすぎます。ゴルフスウィングは前傾して行う動きなので、背骨の傾きに沿って回転するには、上半身はタテに回す感覚がいいんです」

そこで今回は、「上半身はタテ、下半身はヨコに回転するためのポイント」をレッスンしてもらった。

ポイント1:ダウンスウィングでは右肩と腰を近づける

右わき腹を縮めるイメージ

「下半身をヨコ、上半身をタテに動かすためには、ダウンスウィングで右半身が『締まる』感覚を持つといいでしょう。トップからダウンスウィングにかけて、右肩と右腰の距離が近くなるイメージでクラブを下ろしましょう。ここが近づかないとクラブを下ろすスペースがなくなり、カット軌道になってしまいます」

ポイント2:胸を右に向けたまま切り返す

体は開かずにダウンスウィング開始

「切り返しで体が開くと、カット軌道になり、クラブが外から下りてしまいます。切り返しからダウンスウィングの前半では、胸を右に向けたままクラブを下しましょう」

ポイント3 フォローで背中が伸びていく

画像: 左肩が上に動く

左肩が上に動く

「インパクト後に肩をタテ回転させると、左の肩が上に動き、背中の左部分が突っ張るような感覚になります。肩がヨコに動いてしまうと、クラブを抜くために、ヒジを引く動きになってしまいます」

ポイント4:フォローでは太ももがくっつく

右脚を押し込む

「下半身をスムーズにヨコ回転させるには、右脚の押し込みが不可欠です。インパクトからフォローにかけて、右脚を左脚に寄せていき、最終的に両脚のももがくっついた状態でフィニッシュを迎えましょう」

皆さんも、アイアンショットでは「上はタテ、下はヨコ」という意識を持ってスウィングしてみよう!

※月刊ゴルフダイジェスト2014年4月号より

藤田大プロ
2002年に日本アマ、2009年に日本ミッドアマで優勝するなど、数々のタイトルを獲得。その後プロに転向した「「アマチュアの気持ちが分かるプロ」

This article is a sponsored article by
''.