バンカーから出すだけならなんとかなってもピンがバンカーから近い位置にあるとゆるんで上手く脱出できなかったり、力んでホームランしてしまう。いちばん簡単に寄せる方法ってなんだろう?

解説してくれるプロ

画像: 川村亨プロ 1979年生まれ。東北福祉大ゴルフ部出身。2012年にプロテストをトップ合格した逸材

川村亨プロ
1979年生まれ。東北福祉大ゴルフ部出身。2012年にプロテストをトップ合格した逸材

ピンが近い状況でも、ドンと打ち込んで足を使う方法と、砂をサッと薄く取って上げて止める方法を使い分ければ、ピンに寄せられそうだ。でも、テレビでトーナメント中継などを見ていると、プロがフワッとやわらかい球で寄せているのを見る。あれってボクらにはできないのだろうか?

「そんなことはありません。ちょっとコツをつかめば、アマチュアの方でもできる打ち方ですよ」

本当ですか?せっかくなので教えてください!

「フワッとした球は、打ち出しは高めに出ますが、スピンがかかりすぎず、落ちてから自然に転がりの計算をしやすいんです。スピンが効きすぎてショートするのを防ぐ打ち方ですね」

なるほど、具体的にはどうやって打つんですか?

「フェースを開いて砂を薄めに取り、球を上げるというのは前回の打ち方に似ていますが、ヘッドスピードを上げすぎないように手首の動きを抑え、大きな円弧でスウィングするのがポイントです」

ヘッドをあまり走らせないということですか?

「そうです、手元を体の正面にキープしたまま、体の動きでスウィングする感じです。いちばんのポイントは、打ち急いで腕を振らないこと。クラブの重さだけでスウィングし、手の力に頼らないことが重要なんです」

ミスの原因!
100点満点を狙うからシビアになって力むんだ

画像: ミスの原因! 100点満点を狙うからシビアになって力むんだ

「アマチュアは100点満点を狙いすぎる」と川村プロ。バンカーは、ダフリ気味に入っても大きなミスにならないので、もっと気楽にアバウトでいいと割り切ることが大事。

手首の動きを抑えて体の回転でスウィング

ポイント1
クラブの重さだけでスウィングするイメージ

画像: 重力を感じましょう

重力を感じましょう

腕の力でクラブを加速させないように注意。切り返しでクラブの重さをしっかりと感じ、その重さだけでスウィングするイメージだ。ヘッドを走らせるとスピンが効きすぎる

ポイント2
スタンスは狭めでフェースはしっかり開く

画像: ポイント2 スタンスは狭めでフェースはしっかり開く

フェースは大きく開き、ボール位置は左胸の前。スタンスは狭めにし、左右5対5くらいの体重場配分で回転しやすい構えを作ろう

ポイント3
コックを入れるタイミングを遅らせる

スウィングの円弧を大きくするために、手首のコックは抑えめにする。コックを入れるタイミングを遅らせるような感覚がいい

ポイント4
体をしっかり回してスウィングする

手元でスウィングせず、体をしっかり回転させることが大事。手元を体の前にキープし、肩を入れ替えるようにスウィングしよう

ポイント5
腕と体を連動させて回転でスウィング

腕と体の正面にキープし、体の回転と同調させる。あまり大きく体重移動せず、その場で足踏みするようなイメージで体を回転させよう

ポイント6
フワッとやわらかく下手投げのイメージ

下手投げでボールを放り投げるときは、腕をやわらかく伸ばしたまま、手に持っているボールの重さを感じながら腕を振る。これに近い感覚で、クラブの重さに腕が引っ張られるようなイメージだ

なるほど、ヘッドが大きく円を描くようにスウィングすればいいんですね!フラリとやわらかい球で高めに打ち出し、クリーンに落ちてから自然に転がるんですね!川村プロ、練習してみます!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.