「アイアン世界基準 ルーク先生のラブリーショット」では、2011年、PGA・欧州ツアーで史上初の同時賞金王となった ルーク・ドナルドによるレッスンをご紹介します。コースに出ると1度はドローかフェードを打たないといけない状況に出合います。今回は、ルーク先生に「ドローとフェードの打ち分け方」を教えてもらいましょう!

真っ直ぐ攻めるだけがゴルフじゃない‼

「僕は球筋に変化をつけて攻めるのが得意。だけどその度スウィングを変えることはない」(ルーク・ドナルド)

「球筋を操ってこそゴルフは楽しいんだ」とルークはいう。

ルークは古き良き時代のゴルフを踏襲するプレーヤー。球を曲げて攻めるタイプなのです。

「球筋に変化をつけて攻めるのは得意だよ。真っすぐ攻めるだけのゴルフはつまらないからね。だけどスウィングはいつも一定。ただでさえゴルフは難しいのに、その度スウィングを変えていたら頭がこんがらがってしまうからね」(ルーク・ドナルド、以下同)

では、どのようにしてドローとフェードを打ち分けているのか。答えはとてもシンプルでした。

ドローは右、フェードは左を向いてスタンスなり振る

「僕の場合、球筋の打ち分けてはいたってシンプル。クラブのフェースをターゲットに向けて、スタンスを球を出したい方向に向けて構えるだけ。そのまま体に沿って振れば打球はスタンスの向きに飛び出し、フェースの向きに戻ってくるんだ」。

すなわちドローでは、ターゲットラインの右に出して左に戻したいので目標の右を向く。フェードはその反対だということです。

ドローの場合

画像: スタンスはクローズで、やや右足よりにセットした球をスタンスなり振れば、ドロー軌道で球は飛んでいく。「球を強く押し込む」意識が大切。

スタンスはクローズで、やや右足よりにセットした球をスタンスなり振れば、ドロー軌道で球は飛んでいく。「球を強く押し込む」意識が大切。

フェードの場合

画像: スタンスはオープンにして、球の位置はやや左足よりにセット。スタンスに沿って振るとアウトサイドインの軌道になってきれいなフェードになる。ルーク曰く、「フェードほど『つかまえる意識』が大切」。

スタンスはオープンにして、球の位置はやや左足よりにセット。スタンスに沿って振るとアウトサイドインの軌道になってきれいなフェードになる。ルーク曰く、「フェードほど『つかまえる意識』が大切」。

「ただその前に基本のスウィングを固めておくことが大前提だよ。アマチュアはダウンスウィングのときに手でクラブを下す人が多いけど、それはダメ。下半身リードでクラブを下す意識を持たないと、打ち分けは難しいよ」。

なるほど。球を打ち分ける前には、その土台となる基本のスウィングがしっかりしていないと意味がないんですね。

画像: 下半身リードで、クラブを下さないと球筋の打ち分けはできない。

下半身リードで、クラブを下さないと球筋の打ち分けはできない。

基本を身につけ、今回ルーク先生がレッスンしてくれた打ち分ける方法を試してみましょう。真っすぐ攻めるだけがゴルフではありません。たまには球筋で遊んでみるのも楽しいですよ‼

バックナンバーは↓↓↓

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.