せっかくパーオンしたのに、そこから3パットでボギー。絶好のチャンスを逃していませんか?今回は、ショートゲームの専門家である石井忍プロに、パッティングの打ち方のレッスンをしてもらおう。

六角形が崩れない「振り子」で打とう

「パッティングストロークの理想形は、『振り子』です。不動の支点を持った左右対称、等速のストロークができれば、ヘッドの入射角やインパクトロフトが揃い、いつも同じ転がりの球を打つことができます」(石井忍、以下同)

画像: 六角形が崩れない「振り子」で打とう

「しかし『振り子』というと、柱時計の振り子のような1本の棒が揺れる様子をイメージしがちなため、手元を支点としてクラブが振り子のように動くストロークを考える人がいますが、そうではありません」

振り子の支点は首の付け根の後ろ側

「首の付け根の後ろ側あたりに支点を持ち、両肩、両ひじ、手元でできる六角形全体が動く振り子をイメージしてください」

「このとき大事なのは、この六角形のそれぞれの頂点の角度が変わらないようにストロークすることです。肩、ひじ、手首をそれぞれロックし、自分の胸の前に六角形の板が吊り下げられているようなイメージでストロークしてください」

画像: 振り子の支点は首の付け根の後ろ側

「振り子」のように六角形をキープしてストロークすれば、3パットの危険が減って、確実に好スコアにつながります! 「六角形の振り子ストローク」習得し、グリーン上の無駄なストロークを削りたいですね。

(石井忍著書『考えないアプローチ』より抜粋)

This article is a sponsored article by
''.