左足上がりのアプローチは球が上がりやすく簡単そうに思えるが、距離を打ち分けるのが難しいライといえる。というわけで、ショートゲームの専門家である石井忍プロに、左足上がりのアプローチのレッスンをしてもらおう。

左足上がりのとき、ボールは左わきの前に置く

画像: 左足上がりのとき、ボールは左わきの前に置く

「左足上がりやボールが浮いているラフなどのアドレスは、傾斜に逆らって鉛直(鉛を糸で吊るしたときに指す方向)に立ち、ボール位置は左胸~わきの前くらい。軸を傾けないようにバランス良く立ってみましょう」

「左足上がりとは、通常よりもボールが高い位置にある状況です。そこからうまく打つために、軌道はアッパー軌道で打つ必要があります」

目標方向にインサイドストレート軌道で押し出す

画像: フェースを開いてインサイドにテークバック

フェースを開いてインサイドにテークバック

「テークバックはインサイドに上げ、フォローは目標方向に真っすぐ出していく、インサイドストレートの軌道をイメージしてください」

画像: ヘッドを目標方向に出していく

ヘッドを目標方向に出していく

「高くティアップした球を拾い打つような感覚で、スウィング軌道の最下点をボールの手前に持ってくるのです。ボールの手前側が低ければ、これでもダフることはありません。開いたフェースを広く斜めに使うイメージで球を拾うように打つのがポイントです」

傾斜に逆らってスウィングするのはミスの元。「ティアップしたボール」を拾い打つ感覚で打てば、ナイスショットは間違いなしだ。

This article is a sponsored article by
''.