2016年の男子ツアー賞金王となった池田勇太。獲得賞金は2億790万1567円で、2013年の賞金王・松山英樹以来の獲得賞金2億円の大台に乗った。池田の「2億円超え」実はかなりの快挙なんです!

過去に「賞金2億円超え」は何人が達成しているでしょうか?

  • 尾崎将司、伊澤利光、松山英樹、池田勇太の「4人」
  • 尾崎将司、伊澤利光、片山晋呉、松山英樹、池田勇太の「5人」
  • 尾崎将司、伊澤利光、片山晋呉、石川遼、松山英樹、池田勇太の「6人」
  • 尾崎将司、伊澤利光、松山英樹、池田勇太の「4人」
    56
    150
  • 尾崎将司、伊澤利光、片山晋呉、松山英樹、池田勇太の「5人」
    28
    76
  • 尾崎将司、伊澤利光、片山晋呉、石川遼、松山英樹、池田勇太の「6人」
    16
    44

男子ツアーの歴史を振り返ってみても、獲得賞金が2億円を超えたことは過去5度しかない。初めて達成したのは、1994年に2億1546万8,000円を稼いだ“ジャンボ”尾崎将司。ジャンボは1996年にも2億964万6,746円で賞金王を獲得。二度、2億円超えを達成した唯一の選手だ。

このジャンボの偉業以降、2億円超えを達成したゴルファーは、わずか「3人」しかいない。

1996年シーズンは「中日クラウンズ」をはじめ8勝(!)を挙げ、二度目の年間獲得賞金2億円超えを達成した

2000年代に2億円を超えたのは2001年の伊澤利光ただ一人。この年、伊澤はツアー史上最高の2億1793万4,583円獲得。この記録は未だに破られていない。

画像: 2001年伊澤利光の獲得賞金2億1793万4,583円は歴代1位

2001年伊澤利光の獲得賞金2億1793万4,583円は歴代1位

記憶に新しいのが2013年の松山英樹。このときの獲得賞金は2億107万6,781円だった。

画像: 2013年、ツアールーキーの松山英樹はプロ2戦目の「つるやオープン」でいきなり勝利。この年は4勝を挙げた

2013年、ツアールーキーの松山英樹はプロ2戦目の「つるやオープン」でいきなり勝利。この年は4勝を挙げた

そして2016シーズン、池田勇太は2億790万1567円を獲得。日本ツアーの歴史で池田の前には3人しかいなかった「2億円プレーヤー」の仲間入りを果たした。

画像: 2016年池田勇太は、史上4人目の獲得賞金「2億円超え」を達成した

2016年池田勇太は、史上4人目の獲得賞金「2億円超え」を達成した

ちなみに、男子ツアーのみならず女子ツアーにまで目を向けると、過去に日本国内でもっとも賞金を稼いだのは、2015年のイ・ボミ。この年7勝を挙げ、獲得賞金は2億3049万7,057円! 

画像: 2015年「大王製紙エリエールレディス」でイ・ボミはシーズン7勝目を飾った

2015年「大王製紙エリエールレディス」でイ・ボミはシーズン7勝目を飾った

男女を問わず、ボミの記録を抜く「スーパー賞金王」が現れる日を楽しみに待ちたい。

This article is a sponsored article by
''.