東関道「成田IC」はカジュアルに楽しめるコースから名門コースまでが揃ったゴルファーにとってはなじみの深いゴルフ銀座。そこに絶対に寄って帰りたい”とんかつ屋”があるのをご存知だろうか。イオンモール成田のすぐ近く、成田国際文化会館交差点にある、「とんとん亭」。そこに行かずば帰れない、その理由をご説明しよう。

それは成田ICから約3キロの国道408号線沿いにある。地元民なら知らぬ者はない、その名は「とんとん亭」。ご覧の通り、その外観はキレイとは言えないかもしれない。しかし、その味は寄り道してでも行く価値がある。

画像: 成田国際文化会館交差点のガソリンスタンドの向かいにある「とんとん亭」

成田国際文化会館交差点のガソリンスタンドの向かいにある「とんとん亭」

行くべき理由1:一度は食べたいおススメメニュー「ロー・ピー」の存在

この店に来たらまず頼んでもらいたいのが「ロー・ピー」だ。なにを言っているんだ、と思われるかもしれないが、「ロー・ピー」とはロースカツとピーマンの肉詰めとタマネギの盛り合わせのセットメニュー。ごはんとみそ汁がついて、なんと1080円(税込)。

画像: ロースかつ、ピーマン肉詰め、タマネギの盛り合わせに、ご飯とみそ汁つき1080円。安い!

ロースかつ、ピーマン肉詰め、タマネギの盛り合わせに、ご飯とみそ汁つき1080円。安い!

ともかくこれ、食べ始めたら止まらない。とんかつ、ごはん、みそ汁で出だし3ホールを切り抜け、ピーマン肉詰めにキャベツでさらに3ホール、漬けもので休憩したら上がり3ホールはお好きなようにどうぞ! といった具合。一度食べたら毎回寄って帰りたくなること間違いなし。

理由その2:口に入るすべての食材にこだわりがありすぎる

肝心の豚肉は鹿児島・茨城・千葉のこだわり抜いた素材を厳選。常に最高な味を求めて選んでいる。写真のロースは鹿児島産、パサつかず、脂身もしつこくなくうま味がぎっしり詰まっている。

画像: 季節や仕入れ状況に応じて厳選した産地の豚肉を使用

季節や仕入れ状況に応じて厳選した産地の豚肉を使用

パン粉は目の粗さで2種類をブレンド。サクッとした食感とフワッとした食感が同時に楽しめるナイスアイデア!

画像: 目の粗さの違う2種類のパン粉をブレンドして使用

目の粗さの違う2種類のパン粉をブレンドして使用

お替わり無料のキャベツは、2種類のキャベツを店主自らが包丁で刻む。食感と味を見ながら季節によって産地を変えている。

画像: 産地を選んで2種類のキャベツをブレンドするこだわりよう。しかもおかわり無料!

産地を選んで2種類のキャベツをブレンドするこだわりよう。しかもおかわり無料!

理由その3:食材だけじゃない。ソースも自家製。味噌はブレンド!

ソースもオリジナルなのだが、企業秘密で中身は教えてくれない。どちらかというと少し辛目だが甘みと酸味のバランスが絶妙で、ついかけ過ぎてしまうほど。みそ汁は白みそ、赤みそ、八丁味噌の3種類を独自にブレンドするというこだわり。

画像: オリジナルでブレンドしたソース

オリジナルでブレンドしたソース

店主の半田千洋(ゆきひろ)さんはこの道30年。油は一度熱を加えると下げると劣化するから、との理由で11:30のオープンから21:00の閉店まで通しで営業する。

「やっぱり、せっかく来てくれたお客さんには、美味しいものを食べてもらいたいからね」と半田さん。いやいや店主のこだわりに参りました。

画像: この道30年の店主の半田千洋さん

この道30年の店主の半田千洋さん

成田でゴルフをしたら、ぜひ寄ってみて欲しいコスパ最高の「とんとん亭」。他にもエビフライやメンチ、チキンカツなど組み合わせを楽しめるメニューもある。とくに冬場は広島産のカキフライも絶品なので迷う~! 

「とんとん亭」0476-22-3800 営業時間11:30~21:00

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.