石川遼の2017年初戦となったPGAツアー、キャリアビルダー・チャレンジ。3日目にはスタートホールでトリプルボギーを叩き「アマチュアでエントリーすべきだったかと思いました」と自嘲していた石川は、結局50位タイで終戦。PGAツアー日本公式サイトで紹介されたそのインタビューの内容をご紹介!

「3日目から今日(最終日)にかけては(ショットの)修正ができました。ショットの修正ができているということは、自分で何が起きているかわかっていると思うので。それを4日間できないといけないかなと思いますね。今週は3日間しかできていなかったかなという感じなので。一気に4日間ではなくとも、80パーセント、85パーセントみたいな感じで、ちょっとずつ精度を上げていければと思います」(石川)

そうはいっても、年のはじめの試合で予選を通過するということは、ゴルフ自体の調子は悪くないと3日目を終えて自己分析していた石川。次戦に向けては、「一生懸命ゴルフやるだけなんで。あまり考えすぎずにシンプルにやりたいと思います」と前向きだ。

インタビューの全貌は、PGAツアー日本公式サイトにて! 是非、チェックしてみよう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.