松山英樹の2016年からの快進撃を支えているのは、進化し続けるショートゲームであることは疑う余地がない。そんな松山の技術を高めたのが、パットを科学的に分析した第一人者、デーブ・ペルツ考案の練習ギアだと噂されている。いったいどんなものなのか、調査した。

使い始めてからパット時の構えにまで変化が

画像: 「いつもバッグに入れています」という松山

「いつもバッグに入れています」という松山

練習量が非常に豊富な松山が、パット練習時にグリーンに持ち込むのが、この「パッティングチューター」だ。フィル・ミケルソンをはじめ、米ツアーでは50人以上もの選手たちが愛用しているといい、その効果はお墨付き。松山もその流れを受け、昨年のプレーオフシーズンから使用を開始、快進撃につなげている。

画像: 米ツアーで50人以上が愛用する「パッティングチューター」。細くなったボードの先のほうには鉄球が配され、わずかな打ち出しのブレも許さない。チューターとは「個人教師」的な意味だ

米ツアーで50人以上が愛用する「パッティングチューター」。細くなったボードの先のほうには鉄球が配され、わずかな打ち出しのブレも許さない。チューターとは「個人教師」的な意味だ

「英樹が練習するのは、上りの真っすぐのラインで距離は1~1.5メートルほど。一番幅が狭いところに鉄の球を置いて練習しますね。5球連続で入れるとか工夫して、プレッシャーをかけながら日々やっています」(キャディ・進藤大典さん)

画像: 真っすぐのラインを探し、上り1~1.5メートルに設定

真っすぐのラインを探し、上り1~1.5メートルに設定

松山自身のストロークも使用とともに変化し、以前よりもパターを吊るような形になってきている。「いいカタチを探していたら、そうなっていた」と本人は語るが、パッティングチューターによって、ストロークが向上しているのは間違いないようだ。では、具体的な機能や効果について、さらに見ていくことにしよう。

両手打ち、片手打ち、これを1日45分

松山は両手だけでなく、片手ストロークの練習もしている。左右の手の力感がバラつくとストロークが乱れる。左右の力感を揃え、その力感を保ったまま両手でストロークすることで歪みのないきれいなストロークになる。その際も、このパッティングチューターは手放していないようだ。

画像: 右手一本打ち。右手と左手の力感を揃えている

右手一本打ち。右手と左手の力感を揃えている

画像: 左手一本打ち。空いたほうの手で、胸やおなかを押さえる

左手一本打ち。空いたほうの手で、胸やおなかを押さえる

画像: 常におへその前にクラブをキープ。胸やおなかの動きとヘッドを同調させる

常におへその前にクラブをキープ。胸やおなかの動きとヘッドを同調させる

このような地道な練習が、松山の強さを支えているというわけ。

ストロークが正確になって“目の錯覚”がなくなる

画像: ストロークが正確になって“目の錯覚”がなくなる

パッティングチューターは、先が細くなって集中力が増す。また、左右の手のバランスが一致するので、軌道もリズムも良くなるという。

この「パッティングチューター」の価格は7,560円(税込)。カーペットでも練習グリーンでも使用可能だ。ゴルフダイジェスト公式通販サイト「ゴルフポケット」で予約受付中! 詳しくは、月刊ゴルフダイジェスト3月号(2017年1月21日発売)をチェックしてみよう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.