「ファーーーッ!」セカンドショットが大きく右へ。打ち直すのに、うっかりプレースしちゃった! 同伴者の指摘で打つ前に気づいたのだから、拾ってドロップし直せば無罰でOKだよね?
画像: 「さーて、もう一回仕切り直しっと」 ドロップではなく、うっかりプレース!

「さーて、もう一回仕切り直しっと」 ドロップではなく、うっかりプレース!

セカンドショットが大きく右へサヨウナラ~。「あちゃー、OBだわ。打ち直しまーす」とボールをプレースしたら、同伴者から「打ち直しはドロップよ!」の指摘で、自分のミスに気付いたものの……。

画像: 「あ! そうだった」つい、うっかり間違えてしまうこと、ありますよね~

「あ! そうだった」つい、うっかり間違えてしまうこと、ありますよね~

「まだボールを打っていないから、拾ってドロップし直せばいいわよね」
「それは違うわ。ボールには触っちゃダメよ。ボールをプレースしたらその場でインプレ―だもの。拾ってドロップし直すなんてできないわ」

さてこの場合、ドロップはやり直せるか否か。正しいのはどっち?

間違ったプレースは、やり直せるの?

  • 間違いに気づいてもやり直せない

    間違って取り替えられたり、誤所に、または規則に反してドロップされたりプレースされた球は、それをプレーする前であれば、罰なしに拾い上げることができる。その後で、プレーヤーは正しい処置を取らなければならない(規則20‐6)。正しい処置を取らなかった場合、2打の罰を付加される。

  • 打つ前なら無罰でやり直せる

    間違って取り替えられたり、誤所に、または規則に反してドロップされたりプレースされた球は、それをプレーする前であれば、罰なしに拾い上げることができる。その後で、プレーヤーは正しい処置を取らなければならない(規則20‐6)。正しい処置を取らなかった場合、2打の罰を付加される。

  • 間違いに気づいてもやり直せない
    30
    468
  • 打つ前なら無罰でやり直せる
    70
    1094

※週刊ゴルフダイジェスト2月21号 「ゴルルとルール。」より(監修・小山混)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.