週刊ゴルフダイジェストで連載中の大人気漫画「オーイ! とんぼ」は、現在九州女子選手権編がクライマックスを迎えている。ドラマの舞台は熊本県にある実在のコース、くまもと中央CC。週刊誌上で今まさに熱いバトルが繰り広げられている18番ホールはどんな場所なのか、現地取材してきた!

コースをあげて“とんぼ推し”してくれていた!

鹿児島県の離島“トカラ列島”出身の少女・とんぼが、その天才的なゴルフの腕前とともに広い世界へと飛び出していく、というのが「オーイ! とんぼ」のあらすじ。そのとんぼが初めて出場した試合が、2017年2月14日現在、佳境を迎えている九州女子選手権だ。その試合の舞台が、今回訪れた熊本の名門コース「くまもと中央CC」だ。

画像: フロント付近に“とんぼコーナー”が出現していた

フロント付近に“とんぼコーナー”が出現していた

コースに到着してまず目を奪われるのが、フロント近くに設置された「オーイ! とんぼ」コーナー。なんと連載のスクラップが展示されている。ありがたい限りだ。

現在優勝争い真っ最中。18番ホールはこんなトコ!

画像: 18番ティグラウンド

18番ティグラウンド

くまもと中央CCを設計したのは、「東の井上(誠一)、西の上田」と呼ばれ、日本を代表するコース設計家の一人と謳われる名匠上田治。“剛の上田”とも呼ばれ、ダイナミックなコース作りに定評がある上田の設計らしく、くまもと中央も雄大なコースに仕上がっている。

その最終18番ホールはレギュラーティから364ヤードのパー4。広々としたホールロケーションではあるが、このホール、とんぼは初体験となる優勝争いのプレッシャーから、ティショットを大きく右に曲げてしまう。

画像: 現在優勝争い真っ最中。18番ホールはこんなトコ!

とんぼのボールは隣の5番ホールのラフまで飛んでしまう。およそ、下の写真のような状況だ。

画像: とんぼセカンド地点付近

とんぼセカンド地点付近

上の写真の右側に見えるのが5番フェアウェイ。左側に見えるのが18番フェアウェイだ。両ホールは高い木々でセパレートされていて、グリーン方向は狙えない。木々が密集していることから、18番ホールに戻すのも厳しいという状況だ。

画像: キャディの西は「あえて5番ホールのフェアウェイに刻め」というが……

キャディの西は「あえて5番ホールのフェアウェイに刻め」というが……

とんぼは現在3人並んだトップタイ。もう1打も落とせない状況だ。ここからとんぼが「ある選択」をしたのが2月7日発売の週刊ゴルフダイジェストに掲載の119話の内容。

とんぼのスーパーショット、どれだけすごい?

画像1: とんぼのスーパーショット、どれだけすごい?

とんぼの選択は、まさかの「大フックを打って18番グリーンを直接狙う」というもの!(ここから先は、2017年2月14日発売の週刊ゴルフダイジェスト掲載の120話の内容に触れますので、ご注意を)

画像2: とんぼのスーパーショット、どれだけすごい?

とんぼは見事2オンに成功。絶体絶命のピンチをチャンスに変える。この一打を、グリーン方向からも見てみよう。

画像: 18番グリーン奥からティグラウンド方向をのぞむ。とんぼのセカンドショットは概ねこのような軌道を描いて、グリーンにオン

18番グリーン奥からティグラウンド方向をのぞむ。とんぼのセカンドショットは概ねこのような軌道を描いて、グリーンにオン

ほとんど「真右」に打ち出したボールが、ブーメランのような軌道を描いてグリーンに落ちた感じ。現地に立って見てみると、「自分じゃ絶対ムリだけど、とんぼだったらあるいは……!」と思わせられる、絶妙な一打。

画像: つぶらもとんぼと似たような場所からセカンドを打つことに

つぶらもとんぼと似たような場所からセカンドを打つことに

ライバル・つぶらが似たような状況からどんなショットを放つのか、121話が楽しみだ。ステディなプレーが身上のつぶらだが、ここはギャンブルショットが必要な状況でもある。彼女の選択は、果たして。

エマのショットの行方はどうなる……!?

画像1: エマのショットの行方はどうなる……!?

121話が楽しみといえば、同じくライバルのエマのショットの行方だろう。古傷が痛むエマは、とんぼとは逆に左の林の中に打ち込む。ボールは管理道路の上だ。

画像2: エマのショットの行方はどうなる……!?

エマのボールは管理道路の上で止まっていた。その現地に行ってみると、それはこのような状況であった。

画像3: エマのショットの行方はどうなる……!?

画面奥のグリーン方向は見事に木が密集している。はっきり言って一度横に出すしかない状況なのだが、エマはトップグループと1打差で、勝つためには最終ホールでバーディが必須。どんなショットを選択するのか、うーん、気になる。

画像4: エマのショットの行方はどうなる……!?

最後に、勝負の行方を占うとんぼのバーディパット地点へも足を運んでみた。カップは赤く囲んだ部分に切られている設定。かなりの下り傾斜であることが写真から伝わるだろうか。距離はさほどないものの、カップまで下り傾斜が続く厳しいライン。パンチが入ればグリーンの外まで行ってしまいそうな、そんなラインに見える。

勝負の行方を大きく左右するとんぼのパットは入るのか、それとも……!?

画像: 18番グリーン奥では山の神がゴルファーたちを見守っている

18番グリーン奥では山の神がゴルファーたちを見守っている

18番グリーン奥には「ゴルフ鎮守山の神」が鎮座する。山の神が微笑むのは、果たして誰か。そんなことを考えながらプレーすると、ますます楽しめる。とんぼファンは、くまもと中央CCに“聖地巡礼”してみてはいかがだろうか。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.