アプローチでの悩みといえば、ズバリ距離感。球が思ったよりも上がってしまってショートすることもあれば、強く出てオーバーしてしまうこともある。「ピッチ&ランで出やすいそれら2つのミスは、どちらもボール位置の間違いから起こるんですよ」と、小野寺誠プロ。どういうことか、詳しく解説してもらおう。

まずはピッチ&ランのアプローチで起こる「二大ミス」を知っておこう

ミス 1:上がりすぎピッチ&ラン

画像: ミス 1:上がりすぎピッチ&ラン

「トップを大きく上げて、コックをほどいて当てにいく典型的『すくい打ち』。インパクトでロフトが寝たり、フェースが開くため、高く上がりすぎて思ったほど転がってくれません」(小野寺、以下同)

ミス 2:想定外のパンチ入りピッチ&ラン

画像: ミス 2:想定外のパンチ入りピッチ&ラン

「上体が左に突っ込み、ロフトが立って当たると、想定外に強くボールが飛び出し、ゴロゴロと転がってピンを大きくオーバーしてしまいます」(小野寺)

ボールの位置は「両足かかとの真ん中!」

小野寺プロによれば、この「2大ミス」が起こる原因は、ボール位置にある。

「ボールが左にあると、インパクトでボールに届きにくいため、“届かせる動き”が必要になるんです。これがすくい打ちや体の突っ込みを生んでしまいます」(小野寺)

では、どこにボールを置くと、距離感が合いやすくなるのだろうか?

画像: ボールはかかとを基準にしてスタンスの真ん中が正しいボール位置だ

ボールはかかとを基準にしてスタンスの真ん中が正しいボール位置だ

「かかとを基準にして、スタンスの真ん中です。いままでよりずっと右に感じると思いますよ。でも、これが正解。インパクトでボールに届くから余計な動きをしなくてもボールに当たるんですよ」(小野寺)

かかと基準というのがちょっとわかりにくく感じるかもしれないが、「つま先で合わせると左すぎるため、インパクトで調整する動きを入れてしまうんです」(小野寺)とのこと。

画像: 上から見た図。右足寄りに見えるが、あくまでかかと基準での「真ん中」だ

上から見た図。右足寄りに見えるが、あくまでかかと基準での「真ん中」だ

まずスクェアに構えてから、両足のかかとを中心に体をくるっと左に回し、体重は7対3の比重で左足にかける。

今までピッチ&ランがうまくいかなかった人は、ボールの位置を変えるだけで、明日から距離感が合うようになるかもしれないぞ。

画像: 「これが寄るアドレスです」

「これが寄るアドレスです」

この記事は、「週刊ゴルフダイジェスト」2017年2月28日号の特集「距離感ぴったりピッチ&ラン!」の一部。アプローチの王道であるピッチ&ランのコツが書いてあるので、ぜひチェックしてみよう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.