ダウンロード数国内NO.1のゴルフ動画配信・スコア管理アプリの「ゴルフネットワークプラス」。その中に、自分の悩みに応じたレッスンをスマホで手軽に観られる動画コンテンツ『練習ドリル』がある。その中から、内藤雄士コーチによる「テークバックの基本」を体得するための簡単ドリルを紹介!

「右肩」を意識してテークバックしてみよう

画像: 左肩を回しすぎてスウェーしてしまっている悪い例

左肩を回しすぎてスウェーしてしまっている悪い例

「アマチュアゴルファーの多くが、左肩を多く回そうとしてしまうことによってスウェーしてしまいます」(内藤コーチ、以下同)

では、それを防ぐにはどうしたらいいのだろうか?

「まずクラブを担いだ状態で鏡の前に立ちます」

画像: 鏡の前に立ちチェックしていきましょう!まずは姿勢を正してクラブを担ぐ

鏡の前に立ちチェックしていきましょう!まずは姿勢を正してクラブを担ぐ

「右肩が頭の後ろにいくところまでしっかり引きます」

画像: 右肩を引くように回すことが大切

右肩を引くように回すことが大切

「左肩からいってしまうとスウェーになってしまいますので、右肩を後ろに引くように回してください」

画像: 左肩から回してスウェーしてしまっていないか確認しよう

左肩から回してスウェーしてしまっていないか確認しよう

右ひじは内側に絞った状態のままトップを作る

「この時にもうひとつ注意点としては、右ひじは内側に絞った状態のまま、右肩を引いてトップの位置を作るようにしてください。そうすることによって正しい軌道でトップまで真っすぐ上げられるようになります」

画像1: 右ひじは内側に絞った状態のままトップを作る

トップでスウェーしてしまうと、ダフリやトップなど大きなミスが起きやすくなるだけでなく、ボールは曲がり、ミート率も下がります。鏡の前でバックスイングのかたちを整える練習を繰り返し行いましょう。

※レッスン番組「あすゴル!」より

画像2: 右ひじは内側に絞った状態のままトップを作る
画像3: 右ひじは内側に絞った状態のままトップを作る
画像: ないとう・ゆうじ 1969年生まれ。日本大学在学中にアメリカに留学。最先端のゴルフ理論を日本に持ち帰ると、丸山茂樹のPGAツアー3勝をサポート。ツアープロコーチの概念を日本に根付かせた。今回の記事は、ゴルフネットワークで放送/配信中の「あすゴル!」より

ないとう・ゆうじ 1969年生まれ。日本大学在学中にアメリカに留学。最先端のゴルフ理論を日本に持ち帰ると、丸山茂樹のPGAツアー3勝をサポート。ツアープロコーチの概念を日本に根付かせた。今回の記事は、ゴルフネットワークで放送/配信中の「あすゴル!」より

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.