2017年のマスターズを制したセルヒオ・ガルシアが使用し、ダスティン・ジョンソンやジェイソン・デイ、ガルシアとプレーオフを争ったジャスティン・ローズらトップ選手が使用することでも話題のテーラーメイドのニューボール「TP5」シリーズ。話題のボールのテクノロジーについて同社最高技術責任者(CTO)で機械学博士のブノワ・ヴィンセント氏に質問したら、期せずして“スピンの授業”が始まった!

6番で6000回転。「アイアンの番手の数字×1000回転」がスピンの基準だが……

画像: ガルシアはボールも打感も柔らかい「TP5」を使用

ガルシアはボールも打感も柔らかい「TP5」を使用

ガルシアはもともとスピンが非常に多い選手だったが、今回のマスターズでは完璧にスピンをコントロールしているように見えた。ガルシアの使用ボールは、「TP5」だが、そのTP5ボールは、ショートゲームでのスピン性能を保ちつつ、ロングゲームでのスピン量を減らしたボールなのだという。

みんなのゴルフダイジェスト編集部(以下、編集):今回のTP5とTP5xボールは、スピンを減らして飛距離を伸ばす設計だと聞きました。今日は、スピンについて聞かせていただきたいと思います。

ブノワ・ヴィンセント氏(以下、ブノワ):もちろんです。アイアンショットにおけるスピン量の基準をご存知でしょうか。プロが打った場合、どんなテストを行っても6番アイアンだと6000回転、5番だと5000回転といったように、だいたい「番手の数字かける1000回転」が基準となります。

画像: ダスティン・ジョンソン、ジェイソン・デイらが使うTP5X(左)と、セルヒオ・ガルシアらが使用するTP5

ダスティン・ジョンソン、ジェイソン・デイらが使うTP5X(左)と、セルヒオ・ガルシアらが使用するTP5

ブノワ:ところが今回発表した「TP5x」ボールを打った場合、6番アイアンで5000回転までスピンが減ります。6番アイアンで打っても、5番のスピン量になり、その結果6番アイアンで約7ヤード飛距離が伸びるというデータがあります。

スピンが減るとグリーンで止まらない? キーワードは「降下角」

編集:なるほど。しかし、グリーンに止めたいアイアンショットの場合、スピンが減るのは必ずしもメリットではないのでは?

ブノワ:多くの方がそう言います(笑)。6番アイアンで半番手から1番手飛距離が伸びれば、ゴルフがラクになるのは誰でもイメージできるにもかかわらず、「それでは、グリーン上で止まらないんじゃない?」と。たしかに、そう感じる気持ちはわからないでもありません。

画像: プロだ試打したデータをもとに、スピンについて教えてくれた

プロだ試打したデータをもとに、スピンについて教えてくれた

ブノワ:そもそも、ボールはどう止まるのでしょうか。重要なのは「スピン量」と「降下角」というふたつの要素、そのコンビネーションです。たとえば6番アイアンで6000回転のボールを打った場合、低く飛び出したボールが頂点に向けて舞い上がるような弾道になります。これが、スピンで止めるボールの弾道イメージです。

一方で、TP5xで打った場合、スピン量は5000回転。するとどうなるかといえば、スピンが少ない分初速が上がり、打ち出し角が高くなります。より速く、より高く打ち出されるため、弾道の頂点が6000回転で打った場合よりも高くなるのです。

その結果、降下角の数字はより大きくなります。より急角度で落ちてくるということです。スピン量は多ければ多いほど、降下角は大きければ大きいほど止まります。つまりスピンが少なくても、その分降下角が十分に大きければボールは止められるわけです。

画像: 黄色いゴムは従来の、赤いゴムは「TP5」の弾道イメージ。TP5は、スピン量が少ないことで、めくれ上がる弾道にはならないが、初速が速いことで高さが出ることから、降下角度は大きくなり、結果として止まると説明

黄色いゴムは従来の、赤いゴムは「TP5」の弾道イメージ。TP5は、スピン量が少ないことで、めくれ上がる弾道にはならないが、初速が速いことで高さが出ることから、降下角度は大きくなり、結果として止まると説明

編集:なるほど、同じ止まるにしても従来とは「止まり方」が異なるということですね。

オーガスタのグリーンは「ガラスのグリーン」と呼ばれるが、実際にガルシアのボールはしっかりとグリーン上で止まっていた。アイアンショットというと、なんとなくスピンが多いほうがいい気がするが、どうやらそれは誤解のようだ。

RBZがフェアウェイウッドにもたらしたのと同じ変化が、ボールにも起こる!?

ブノワ:「RBZ」というフェアウェイウッドをご存知でしょうか。テーラーメイドが2012年に発表したクラブです。RBZが世に出るまで、3番ウッドのスピン量はどのクラブをどのプロが打ってもだいたい「4500回転」でした。今は? 3000回転です。

RBZ以降、3番ウッドのスピン量は1000以上減っています。それがベーシックになったのです。今回のボールは、RBZが3番ウッドにもたらした変化をボールに対してもたらすと、私たちは考えています。

編集:つまり、従来のツアーボールとはまったく異なる設計思想のもと、生み出されたボールだということですね。

ブノワ:そうです、すでにあるものと同じものを作っても意味がありません。我々はリスクをとって、“違うもの”を作ったのです。

画像: ブノワ・ヴィンセント テーラーメイド-アディダスゴルフカンパニー チーフ・テクニカル・オフィサー。機械学博士。1989年にテーラーメイド社に入社し、「バブルシャフト」「300シリーズ」「500シリーズ」などの開発を手がけ、「r7クワッド」では調整機能、「R11」ではホワイトヘッド、「ロケットボールズ」などではスピードポケットなど、多くのプロダクトの開発に携わる。現在はクラブとボール双方の責任者を務める

ブノワ・ヴィンセント テーラーメイド-アディダスゴルフカンパニー チーフ・テクニカル・オフィサー。機械学博士。1989年にテーラーメイド社に入社し、「バブルシャフト」「300シリーズ」「500シリーズ」などの開発を手がけ、「r7クワッド」では調整機能、「R11」ではホワイトヘッド、「ロケットボールズ」などではスピードポケットなど、多くのプロダクトの開発に携わる。現在はクラブとボール双方の責任者を務める

インタビュー中、終始穏やかに、しかし熱く自社の製品と、そして「スピン」という現象について説明してくれたヴィンセント氏。彼が作った「ほかとは違うボール」は、注目の新商品が重なって大激戦が繰り広げられているツアーボール市場の、台風の目となれるか、果たしてーー。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.