わかってそうで意外とわかっていないレッスン用語を分かりやすく解説する月刊ゴルフダイジェストの大人気連載「レッスン用語に五里霧中」。イラストレーター・野村タケオさんと井上透コーチの掛け合いが人気のこの連載、今回は前回に引き続き「ルックアップ」がテーマ。ルックアップで打てば、体の回転を止めずにしっかりとボールをとらえることができる。体に負荷がかかりにくい「ルックアップ」を身につけるためのドリルを教えてもらった。

まずは前回のおさらい。「ルックアップ」と「ヘッドアップ」の“違い”をチェック

前回、「ヘッドアップ」と「ルックアップ」の違いがわからなかった野村さん。井上コーチによると「『ルックアップ』は、ビハインド・ザ・ボールを守って顔の向きだけが動くこと。『ヘッドアップ』は、ビハインド・ザ・ボールを守らないで目標方向に頭が移動してしまうこと」なんだという。ビハインド・ザ・ボールのポジションを守っていれば、ボールを見てもOKなのだ。

ドリル1:目標方向を見たまま打ってみよう

画像: ルックアップで打つときのドリルを紹介!「野村タケオが聞きに行く!レッスン用語に五里霧中」 youtu.be

ルックアップで打つときのドリルを紹介!「野村タケオが聞きに行く!レッスン用語に五里霧中」

youtu.be

では、ルックアップで打つにはどうすればいいのだろうか。それにはふたつのドリルを試してほしいと井上コーチ。

「まずは『目標を見たまま打つドリル』をやってみましょう。やはりボールを見ないで打つのは、とても難しいですよね。ゴルフは他の多くのスポーツと異なりターゲット方向を見ずに打つ、そこに難しさがあります」(井上、以下同じ)

「大切なのは、目とボールの距離感をつかむことです。練習場のマットをアイアンでこするように素振りができることができれば、それは目とボールの距離感がつかめているということ。空中を空振り指定しまうようでは、距離感がつかめていません。マットをこするように素振りができたら、ぜひこの『目標を見たまま打つドリル』を試してみてください」

なるほど、目とボールの距離感がつかめていれば、ボールをじーっと見なくても打てるということ。早速練習場で試してみたい。

ドリル2:目をつむって打ってみよう

続いては、「目をつむって打つドリル」を試してみた。野村さんは「ダフったけど、打てますね」と、話してくれた。

「目とボールの距離感がつかめていれば、視界を遮断しても打つことができます。目は、サポートしているだけなんだということが分かってもらえればOKです」

井上コーチのドリル、ぜひ試してみよう!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.