オーバーしたと思ったら今度はショート……と「今日はどうにも距離感が合わない」という日がある。そんなとき、ラウンド中にどう対処したらいいのだろうか。ショートゲームの専門家である石井忍プロに教えてもらった。

距離感が合わないときは短く持ってみよう

距離感が合わない! そんなときはついイライラしてしまい、それがまた悪循環になって一層距離のミスが出たりする。そんなときは既存の感覚を捨てて、何かを大きく変えることが大事だと石井プロは言う。

変えるときは大胆に!

「たとえば、距離感が合わないときは、グリップを短く持ってみましょう。クラブの重さが変わり、振り子の支点からパターヘッドまでの距離も変わるので、振り心地が大きく変わるはずです」(石井、以下同)

つかまらないときは‟ハンドレート”にしてみる

画像: フェースが開かないように手元を右寄りに

フェースが開かないように手元を右寄りに

「また、球がつかまらないなら、極端にハンドレートに構えてみてください。ロフトが増えて、球がつかまりますよ」

画像: これくらい極端に!

これくらい極端に!

「今日はなにやってもダメだ〜」というときでも諦めず、なにかを大胆に変えることで光明は見出される。ぜひ試してみよう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.