新開発の「マイクロヒンジ・インサート」によりインパクト後ボールにすぐに順回転がかかり、結果として方向性や距離感が安定するというオデッセイの新製品「O-WORKS」。ラインアップされた11モデルすべてをプロ資格を持つ「みんなのゴルフダイジェスト編集部員」中村修が試打し、11回に分けてその性能をレポートする。第2回は、フェースを開閉して打つタイプの人にピッタリの「#2」をご紹介。

イン・トゥ・イン軌道でストロークしたいゴルファーに合う

注目のパター「O-WORKS」。「#2」は、オーソドックスな形状のヘッドに短めのネックが組み合わされた、もっともシンプルといっても過言でないモデル。その特徴は、シャフトを水平にしてみるとよくわかると中村修は言う。

画像: イン・トゥ・イン軌道でストロークしたいゴルファーに合う

「シャフトを水平にしてみると、フェース面が大きく傾くことがわかります。これはストローク中にフェースの開閉をしやすいということを意味します」(中村修、以下同)

画像: シャフトを水平にしたときに、フェース面が大きく傾くのが「#2」の特徴

シャフトを水平にしたときに、フェース面が大きく傾くのが「#2」の特徴

「フェースの開閉をしやすいということは、ストレート・トゥ・ストレートではなく自然なイン・トゥ・イン軌道のイメージで、フェースをバックスウィングで開き、インパクトからフォローにかけて閉じる動きでボールをとらえたいゴルファーにもってこいのパターですね」

画像: 自然なイン・トゥ・イン軌道で打つタイプにマッチする#2

自然なイン・トゥ・イン軌道で打つタイプにマッチする#2

多少ミスヒットしても転がりへの影響が少ない。“当たり負けしない”のが魅力

中村によれば、フェースを開いて閉じる動きでボールをとらえる打ち方には、ひとつ大きなメリットがあるという。それが、「当たり負けへの強さ」だ。

「このタイプのパターは、インパクトにかけてフェースが閉じる動きが入ります。すると、仮に軌道がズレてフェースのトウ側でヒットしたとしても、いわば閉まりかけのドアにボールがブツかるようなイメージで、当たり負けしないんです」

画像: オフセンターヒットにも強く当たり負けしない#2

オフセンターヒットにも強く当たり負けしない#2

O-WORKSは、マイクロヒンジ・インサートの効果によりボールに素早く順回転がかかる、要するに転がりの良さが魅力のパター。この「#2」はマイクロヒンジ・インサートの効果に加え、フェースが閉じながらインパクトを迎えることで当たり負けへの強さも兼ね備えた、頼れるパターだった!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.