まだまだ薄芝が目立つこの時期は、アプローチでのミスに気をつけたい。だが、ここで疑問。アプローチでは、ウェッジのソールを「滑らせる」のか、地面に「当てる」のか、どちらが正解なのだろうか? 「どちらも正解ですが、自分のアプローチのスウィングと相性がいいほうのイメージで打ったほうが、ミスは少ないですよ」と田島創志プロ。

ズズズッ!“滑らせる派”はハンドファースト

「振り子のようなイメージで、距離感を振り幅で作るタイプの人は、スウィング軌道がゆるやかな“U字”になりやすいのでソールを滑らせるほうが合います。反対にヘッドをボールにぶつけるようにして、インパクトの強さで距離感を作る人は、“V字”系のスウィングになりやすいので、ソールを地面に当てるほうが合うと思います」(田島)とのこと。

まずは“滑らせる派”の打ち方のコツから見ていこう。ソールを滑らせるには、ハンドファーストにしてロフトを立てたまま、ゆるやかな“U字”軌道で打ちたい。そのためには、ハンドファーストに構え、インパクトでもそれを維持することが大事だ。

画像: ハンドファーストのままゆるい「U字」軌道

ハンドファーストのままゆるい「U字」軌道

トンッ! “当てる派”はシャフト垂直

お次は“当てる派”のアプローチ。ソールを地面に当てて打つには、少し鋭角な入射角で“V字”軌道で打ちたい。そのためには、ウェッジのバウンスが生きるようにシャフトが地面と垂直になる状態で構え、インパクトする必要がある。

画像: ソールを地面に当てる派の人は、シャフトを垂直に構えよう

ソールを地面に当てる派の人は、シャフトを垂直に構えよう

アプローチは振り幅が小さいため、スウィング中に動きを調節する時間がない。そのためアドレスの段階からインパクトの形を作っておき、余計な動きを最小限にすることが重要だ。

この記事は現在好評発売中の『月刊ゴルフダイジェスト2017年4月号』より抜粋。雑誌には薄芝のアプローチについてもっともっと詳しく書いてある。近くのコンビニや書店で手にとって、この時期の薄芝のミスを減らそう!

田島創志(たじまそうし)1976年群馬県生まれ。日大ゴルフ部から2000年にプロ入りし、03年のKBCオーガスタでツアー優勝。ニドムクラシックコース所属。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.