新開発の「マイクロヒンジ・インサート」によりインパクト後ボールにすぐに順回転がかかり、結果として方向性や距離感が安定するというオデッセイの新製品「O-WORKS」。ラインアップされた11モデルすべてをプロ資格を持つ「みんなのゴルフダイジェスト編集部員」中村修が試打し、11回に分けてその性能をレポートする。10回目はオーソドックスな形状ながら重量級の「#1タンク」をピックアップ!

ほどよくワイドソール形状で構えやすさ抜群

「タンク」とはオデッセイのパターの中でも重量級のパターに冠される名称。通常のモデルよりもヘッドが重く、それと釣り合うようにグリップも重くなっている。その重量は持った瞬間に確実に気がつくレベルだ。

画像: ほどよくワイドソール形状で構えやすさ抜群

「重量のあるメリットはいくつかありますが、最大のメリットと言えるのが、ストロークが非常に安定すること。オートマチックに打てるので、パターのストロークが安定しない人は、このパターに変えるだけでストロークが劇的に改善される可能性があります」(中村修、以下同)

そして、この「#1タンク」には絶妙な味付けがされている。ヘッドサイズが通常の「 #1」よりもひと回り大きくなっているのだ。

「ほどよいワイドソールで、非常に構えやすいですよね。ターゲットに対してヘッドを直角にセットしやすく、その直角をストローク中キープしやすいパターです」

画像: 左がO-WOKRSの「#1」で、右が「 #1タンク 」。絶妙なワイド具合

左がO-WOKRSの「#1」で、右が「#1タンク」。絶妙なワイド具合

打つ距離に応じて「握る場所」を変えてもオッケー!

「このパターは、グリップが長いのも特徴。これを利用しない手はありません。ショートパットのときは短く握れば、ストロークのブレはさらに抑えられます。そして、ロングパットのときは一転してグリップエンドに近いところを握れば、視野も広がるし、長い距離を打つタッチも出しやすくなります。つまり、握る位置によってタッチをコントロールできるわけです」

画像: ショートパット時は短く、ロングパット時は長くグリップしてみよう

ショートパット時は短く、ロングパット時は長くグリップしてみよう

誰でもストロークした瞬間に感じられるほどオートマチックで、ストロークを安定させてくれる。それでいて、形状は極めてシンプルで、オーソドックス。ネックも昔ながらのクランクネック。いい意味で、見た目と性能が相反したこのパター、スコアメークの強力な味方になってくれるのは間違いがなさそうだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.