男子世界ランキング3位のローリー・マキロイが自身のスウィングをナイキの公式ホームページにて解説。爆発的な飛距離の秘密に迫ろう!

ハーフウェイバックの瞬間に「パーフェクトポジション」は存在する

テークバックでは肩、腕、クラブを一体にして上げます。手だけでクラブを動かさないように。シンプルにクラブを上げ、ハーフウェイバックでは、クラブが地面と平行。シャフトの延長線上がターゲットライン上にくるようにします。

画像: 腕と体が連動してクラブを上げている

腕と体が連動してクラブを上げている

ハーフウェイバックからトップではプレーンを意識して、プレーンにクラブが重なるように、右ひじを曲げます。

画像: ハーフウェイバックの瞬間に「パーフェクトポジション」は存在する

ここでマキロイが意識しているのは、体の高さをキープすること。悪いクセが出るとトップで体が沈むので、そうならないよう胸を高く保ち、頭の位置もキープする。

画像: 実はこのとき頭の位置と角度はアドレス時からほとんど変わっていない

実はこのとき頭の位置と角度はアドレス時からほとんど変わっていない

トップで左腕とクラブフェースの向きがマッチすれば、完璧にスクェアな状態から切り返すことができる。

画像: フェースの向きは腕と平行になっている

フェースの向きは腕と平行になっている

スクェアの状態で打つことができるので曲がらないし飛ぶ。これが体格にそこまで恵まれていないマキロイが飛ばすことができる理由だ。

画像: 完璧なテークバックが、完璧なインパクトを生む

完璧なテークバックが、完璧なインパクトを生む

現在ナイキゴルフの公式サイとにてマキロイの飛ばすためのテクニックの動画が3種類公開されているぞ。マキロイの飛ばせるスウィングテクをぜひ自分のモノにしよう(画像はすべてナイキ公式サイトより)。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.